やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ミュージカル まさかの突然キャンセル~イギリス人は我慢強い~
2019年11月12日 (火)
週末にふと思い立って予約したミュージカル。

2019年11月11日 ウィキッド

Wicked。

不朽の名作「オズの魔法使い」の知られざるプロローグを描いた世界的ヒットミュージカル。
わが家から一番近いミュージカルシアターで上演されていて、いつか観に行こうと思っていたのです。

開演1時間前にサイトからポチッと予約して、しとしとと雨の降る中出かけました。

劇場はどこもかしこも主役魔女エルファバのカラーのグリーン色。

fc2blog_20191111004721e88.jpg

何やら妖しい雰囲気の舞台に期待も高まります

fc2blog_20191111003916bc5.jpg

ところが、、、、
時間になってもショーは一向に始まりません。
10分経ったところで、開演がしばらく遅れますとのアナウンスが。
ありゃりゃ、何かトラブルか?

土曜日のマチネとあって劇場はお子さまが多く、しばらくすると座っていられなくなった子供たちがわらわらと。

fc2blog_2019111100411955b.jpg

それから数度、アナウンスで同じようなメッセージ。
30分、1時間が経過したところで、劇場の係員に一体どうしたんだ尋ねる方が続出。
でも、謝り倒す係員にクレームをつけるわけでもなく、静かな対応のお客さん。

イギリス人は我慢強いことで有名で、長い行列もおしゃべりしながら、気長に待つと言われています。
電車もよく遅れるし、止まることもあるロンドン。
いきなり降りろとの無茶ぶりにも、みなさん文句ひとつ言わないの。
よくあることだから慣れているのか、仕方がないことは憤らないという教育なのか、とってもスマートだなあと思います。

1時間半が過ぎたところで、ようやく責任者が説明に。

fc2blog_20191111004622873.jpg

どうやら水のトラブルらしく、何とかしようと2時間もがんばってみたけれどダメだったとか。
結局、ショーはキャンセル。
派手なブーイングが出るかと思いきや、みなさんワハハと笑い、拍手まで。
大人も子供もとっても静かに帰って行きました。

雨の中、このショーを目的に来ていたお子ちゃまたちがとってもかわいそうだなあと心が痛んだけれど、泣いてぐずっているのは1人だけ。

楽しみに待っていたショーが突然のキャンセル。
ショックで泣き叫んで当然だと思うのに、すんなりと何事もなかったのように帰る子供たちに、英国人の教育とプライドを感じました。

ウィキッドが観られなかったのは残念だったけれど、ロンドンの人たちの冷静で常識的な対応を目の当たりにして、国民性を垣間見た気分です。
ショーを観るよりも、もっといいものを観させていただいたような。
礼儀正しくて我慢強い国民性、日本人とちょっと似ているなあと思いました。

膝の皿割状態でロンドン入りして、飛行機を降りてから日々の生活で、こちらの人たちの優しさにとても癒されました。
ロンドンに住んで4か月。
どんどん好きになるのは、思いやりの表し方が日本人とちょっと似ているからかなあとも思ったり。

キャンセルになったチケット代は、自動的に戻るよう。

We are contacting you because you have booked tickets through a website powered by Ingresso.
As you are aware, the matinee performance of Wicked 9th November, was cancelled due to a burst water pipe.
Your booking has been fully refunded, you will see this appear on your statement between 5 to 10 working days.
Please feel free to rebook at your leisure.
On behalf of the producers & indeed ourselves, we apologies for any inconvenience caused by the cancellation.

Kind regards

劇場の人たちもきっと大変だったよね。
お疲れさまでした



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします




ユーロスター発着駅で、期間限定アフタヌーン・ティー
2019年11月09日 (土)
チーズ講座。

fc2blog_201911092024501d7.jpg

久しぶりの座学と初めて耳にするチーズの専門用語。しかも英語。
思わず頭が拒否反応を起こしそうになりましたが、最後の試食で気分があがる食いしん坊。
これがあれば、何とかやっていけそう(笑)

初回はその製造過程での違いによって生まれる、それぞれのチーズの食感や風味についてお勉強。
かなり興味深く、面白かったなあ。
今まで何も考えずに食べていたチーズたちに込められている職人さんたちの想い、そして手間ひま。
これからは、心していただこうと思いました。

さて、講座終了後に飛び出して美容院へ。
ものすごいタイトなスケジュールだったけれど、お友達が紹介してくれた美容室が、夕方に待ち合わせしているレストランから歩いてなんと7分。
これは行くしかないでしょう!と強引にスケジュールに組み込みました。
美容師さんがとっても上手でハッピーな気分♪やっぱり行ってよかった。

そしてルンルンで向かった先は、 St Pancras Brasserie and Champagne Bar by Searcys

fc2blog_2019110921221332d.jpg

お店はユーロスターのプラットフォームのあるセントパンクラスのひろ~い構内の2階にあります。

fc2blog_20191109195213baa.jpg

席の真横には、フランス行きのプラットフォーム5。

2019年11月9日 プラットフォーム

きっとそこにはたくさんのワクワクがあるんだろうな。

こちらのワクワクなお目当ては、期間限定アフタヌーン・ティーThe Art of Travel Afternoon Tea。
ユーロスターの行先、ヨーロッパを感じられるサンドイッチ類やプチフールがかわいいトラベル・ケースに入ってきます。

2019年11月9日 トラベルケース

アフタヌーンティだけれども、私たちはもちろん、イギリス産スパークリングワインがつくコースを。

fc2blog_201911092004529e1.jpg

トラベル・ケースに並べられる目にも楽しい品々。

fc2blog_201911092003078c5.jpg

ロンドン産スモークサーモン on クランペット、ヨーク産ハムとマスタードのライ・ブレッド・サンドイッチ、エビとカニのカクテル・ロール ブラッディマリーソース、バーフォード産ブラウン・エッグの玉子バーガー、キヌアとザクロ、アボカドのラップ。

fc2blog_20191109200351b30.jpg

スイーツはパッションフルーツのスイス・メレンゲ、ドイツのバッテンバーグ、フレンチ・オペラ・ガトー、イギリスのスコーン、ベルジャン・ホワイトチョコレート・ムース、ピーチとラズベリーのマカロン。

fc2blog_20191109200418e00.jpg

どれもとってもおいしくて、量もちょうどいい感じ。

スパークリング・ワイン1杯ではもちろん足りず、白ワインをボトルでオーダーしたので、おかわり自由の紅茶はなんと1回しかオーダーせず。
アフタヌーン・ティーならぬ、アフタヌーン・ワインだねとマイキー。

fc2blog_20191109211920148.jpg

本当に美人さん♡

ヨーロッパ行きの駅の発着駅でのアフタヌーン・ティー。
イギリスからヨーロッパへ行くときに、プランに組み込んだら楽しそう。

ただ、半分野外のようなお店だったので、暖房設備はあったけれどかなり寒く、お客さんはみなさんコート着用。
もう少し温かい時期に行くのをオススメします



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします









クリスマスツリーを飾りました🎄
2019年11月08日 (金)
ツリーを飾りました。

fc2blog_20191108180712aa9.jpg

ちょっと早いけれど、街はすでにクリスマスモード。
サマータイムが終わると一気に日が短くなり、薄暗い時間が長くなるイギリス。
この時期はみなさん、Christmasに向けて気分をあげるのだそう。

それならば、来週のレッスンが始まる前にとしまってあったツリーの箱を出してきたら、、、

fc2blog_201911081805383e5.jpg

ガーン。

fc2blog_201911081805577fa.jpg

ガムテープだらけ。

引っ越し屋さん、ご丁寧にしっかりヘリをべったりと網羅してくれて。
これ、引っ越し用にパッキングしたのではなくて、収納の箱として使ってたんだけどなあ。
これはもう使えないな。収納方法を変えよう。

、、、とAmazonチェックしてみたら、ツリーの収納袋って結構あるのね。
なんだ、そんなショック受けることなかったな。むしろ、お雛様収納のように、もっといいグッズに出逢えるかもと期待大。

そんなことを思いながら、ツリーの飾りつけ。

fc2blog_201911081834201ce.jpg

たたんであった枝や葉を開きながら、ふと思ったこと。

日本にいるときはなんとなく忙しくて、この作業もものすごい急いでやってたっけ。
こんなにゆったりと丁寧に開いたのは初めてかもしれないなあ。

去年、娘の留学先のスペインで買い足したけれど、アメリカにいるときに購入したオーナメントたちも大分古くなりました。

fc2blog_2019110818373174e.jpg

今年のクリスマスセールを狙って、来年は新しいオーナメントに替えてみようかな。

fc2blog_201911081806425d3.jpg

今日は、先日チーズ記事を書いていた時に飛び込んできたご縁がきっかけで、チーズの講座に参加してきます。
せっかくおいしいチーズが手に入りやすい環境なので、ちょっとお勉強したら楽しいかなと。

最終的には英語での試験もあるようなので、受かるかどうか自信はありませんが、楽しくおいしくトライしたいと思います。

今回はどんな出逢いが待っているでしょうか。
ワクワクしながら行ってきます



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

知ってる?ヨーロッパの貴族が銀食器を愛用した理由。
2019年11月07日 (木)
先日、おうちに遊びに来てくれたお友達、マイキーがコレを見て一言。

fc2blog_20191107172127234.jpg

これ、、、ゴールド?

いいえ、シルバーです(笑)

旦那さんが会社のゴルフコンペで優勝し、次のコンペまでお預かりする貴重なお品。
初めからくすんではいたけれど、わが家に来てからさらに茶色味を増したような、、、。

銀製品。
こちらのアンティークショップに行くと、銀食器がたくさん。

まだ銀食器に対する審美眼は養われていないので、まだ鑑賞するにとどまっていますが、いつかお気に入りを見つけられると嬉しいな。

さて、古くからヨーロッパ貴族に愛用されてきた銀食器の美しい輝きや品のある落ち着きは、多くの人に愛されています。

でも、なぜヨーロッパ貴族が銀食器を愛用していたかご存知ですか?
その一番の理由は、、、毒殺を防ぐためなのだそう。

料理に青酸カリやヒ素化合物などの毒を混入された場合に、化学反応による変化でいち早く異変を察知できるため、暗殺防止のために銀食器を使用していたのだとか。
贅沢の象徴のような銀食器が、実は命がけの手段だったとは、ビックリしませんか。

また貴族や上流階級の生活は、大切なお客様を招待しての晩餐会などにも銀食器を使用。
「食べ物に毒は入っておりませんので安心してお召し上がりください」という意味合いもあったとか。
う~ん、ちょっと背筋が寒いなあ。

毒に銀が反応するのではなく、当時のヒ素製造過程で取り除くことのできなかった硫黄成分が反応したのだそう。
なので、現代に至っては、毒に銀食器で対抗するのは難しそうですよ。

この硫黄成分、シャンプーや台所洗剤、食品ではたまねぎや卵にも含まれるそう。

あ、、、わが家に来てからみるみるトロフィーが変色していったのは、もしかしてたまねぎのせい?

う~ん、確かなことはわかりませんが、みてみて。

fc2blog_20191107172247217.jpg

ピッカピカ

アンティークに詳しい彼女にシルバー専用のグッズを聞いて、さっそくウェイトローズで購入。

fc2blog_20191107172152aa9.jpg

ひと拭きしたら、あら、気持ちいいほどに。
だって、こんなに汚れが落ちるの。

fc2blog_2019110717221898d.jpg

出がけに少しだけと思ったのに、やめられなくなってしまい、結局全部きれいになるまでやってしまいました。
家中の銀ものを拭きたくなる衝動をとめるのに必死(笑)

fc2blog_20191107233727e82.jpg

ああ~、スッキリさっぱり。
蛇口もそうだけれど、おうちの光る部分をきれいにすると、何だかスッキリするのは私だけかな(笑)

マイキー、お役立ちグッズを教えてくれてありがとう



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします



とろ~り、濃厚!モン・ドールチーズのうちの食べ方
2019年11月06日 (水)
モン・ドール(Mont d'Or)。

fc2blog_2019110517484219e.jpg

Sale(笑)

fc2blog_201911051749036eb.jpg

先日、近くのホールフーズマーケットで見つけて、思わずゲット。
だって、£12.50。ビックリなお値段。
とはいえ、元値も£14.50とリーズナブル。
いろいろなもので日本との価格の差を感じて、時折驚いたりするけれど、、チーズ系に関しては嬉しいビックリ。

「ヴァシュラン」とも呼ばれるこのチーズは、フランスとスイスの国境、ジュラ山脈モン・ドール(”黄金の山”の意味)一帯で作られている、ウォッシュタイプのチーズです。

作ってもよい期間が8月15日から翌3月15日と決まっている季節限定ものなので、この季節になるとチーズLoverさんはソワソワしてしまうのではないでしょうか。

これね、食べる30分~1時間前に冷蔵庫から出して室温に戻します。

fc2blog_201911051749281b2.jpg

上部の外皮にこんなふうにナイフでぐるりと一周切り込みを入れて

fc2blog_20191105175011895.jpg

ほら

fc2blog_201911051750323f6.jpg

チーズの池。

fc2blog_20191105175057444.jpg

トロントロンです。

fc2blog_20191105175117f99.jpg

バゲットにつけて食べてもいいけれど、今日はグリル野菜で。

fc2blog_20191105175209dc5.jpg

オリーブオイルとおいしい塩でマリネしたカリフラワーと芽キャベツを、200℃のオーブンで15~20分。
最後の5分くらいでミニトマトを入れて、ちょっとだけ火を入れます。
今日はパドロンもあったのでついでに♪

fc2blog_20191105175236e96.jpg

これこれ、この焦げがいいの。

fc2blog_20191105175259fda.jpg

香ばしくて、お野菜の甘さが引き立ちます。
では、さっそく行っちゃうよ。

ドボンとつけて引き出せば、

fc2blog_20191105175430bae.jpg

ついてくるチーズのとろける加減がステキすぎて、ワクワクで胸が躍っちゃう。

fc2blog_201911051754531d3.jpg

ひゃ~、おいしい~
クリーミーでなめらかなモンドールと野菜の甘さが一体になって、、、もう、しばらくうっとり。

お気に入りは、ミニトマト。

温めて少し柔らかくなったミニトマトは甘さを増してジューシー。
チーズとの相性は抜群。

fc2blog_201911051803524e5.jpg

こ、、、これは、ワインが進みます。

番外編でおススメはコレ。

fc2blog_2019110518042563f.jpg

何だかわかる?
味付けしらたき。前日の煮物の残りです(笑)

以前の記事でお伝えしたけれど、おうちチーズフォンデュのときには必ず、具には味付け玉こんにゃくを。

2016年12月24日 フォンデュ4

え???と思うかもしれないけれど、これがおいしいのだ。

醤油とチーズって間違いなく合うし、こんにゃくのあの食感がちょっと不思議でたまらないの。
日本ではすでに味付けされた状態で売っているので、もし、チーズフォンデュをおうちでする機会があったら、ぜひ試してみてほしいな。

秋が深まり温かい食べ物が欲しくなるこれからの季節。
ボジョレーも解禁され、クリスマスも控えてのパーティーシーズン。

おうち時間をぜひおいしく楽しんでくださいね



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします