やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
スコッチ好きの聖地~スコッチウィスキー・エクスペリエンス~
2020年09月02日 (水)
スコットランドといえば、「スコッチウイスキー」。
スコットランドに行ったら、本場のウイスキーを飲んでみたいという方も多いのではないでしょうか?

エディンバラ城を少し下った所に、スコッチ・ウィスキーエクスペリエンスはあります。

fc2blog_20200902080912f8c.jpg

この施設は、スコッチウイスキーの歴史と発展を紹介する観光アトラクションを目指し、1987年にスコッチウイスキー会社19社が協力して施設をオープンさせたのだとか。
現在では、エディンバラ観光には欠かせない観光地の1つになっています。

チケットはシルバー、ゴールド、プラチナ、そして「テイスト・オブ・スコットランド」の4種類。私たちはゴールドを。

ウィスキー樽のアトラクションに乗って蒸溜所のレプリカを通り抜け、「黄金の液体」と呼ばれるスコッチ・ウイスキーの製造工程をお勉強。

fc2blog_2020090208095235c.jpg

スクリーンにボヤッと現れる老紳士が、スコッチ・ウィスキーの酵母や発酵、そして熟成していく過程をガイドしてくれます。

fc2blog_2020090222414683f.jpg

最後に案内されたのはウイスキーで囲まれたお部屋。

fc2blog_202009022242222be.jpg

所狭しとウイスキーの瓶が壁を覆いつくします。

fc2blog_20200902081206cee.jpg

圧巻。

fc2blog_20200902081256b1e.jpg

「スコッチウイスキーの世界の七不思議の一つ」にも指定されていて、約3500本ものウイスキーがコレクションされているんだとか。

そして、いよいよウィスキーを試飲タイム。

fc2blog_20200902081413473.jpg

ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラの4種類をテイスティング。

fc2blog_20200902081609805.jpg

同じウィスキーでもこんなに風味と香りが違うんだなあと感心して、目隠し当てっこにトライしたら酔っ払いました(笑)

ツアーに参加しなくても300種以上のスコッチが販売されているショップは誰でも利用できるし、地下にあるバーではスコッチウイスキーがいつでも楽しめるそう。併設されたレストランはスコットランド料理やケーキが味わえます。

日本でも連続テレビ小説「マッサン」をきっかけに、ウイスキーに関心を持つ人も増えているとか。
スコッチウィスキー好きな方でもお酒に弱い方でも、スコットランドのお酒文化に触れるには、とってもステキな場所だと思いました



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ



スコッチ・ウィスキー・エクスペリエンス
354 Castlehill, The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE
+44 (0)131 220 0441
・営業時間:【9月~5月】10:00~18:00、【6月~8月】10:00~19:00
・定休日:12月25日
ハリーポッターの街エジンバラ〜世界遺産vs食いしん坊🦪
2020年08月31日 (月)
アイラ島からエジンバラ に向かう前に、朝5時起きで立ち寄ったネス湖。

fc2blog_20200829235400ec2.jpg

小学校の頃、世界中を騒がせていたネッシー伝説。新聞や雑誌で見るたびにワクワクしていたけれど、そのネス湖が目の前に。

ネッシーと遭遇する予定でしたが、残念ながらお目にかかれず。
でも、感慨深かったなあ。

湖畔に建つ城跡アーカート城。

fc2blog_20200831232113e60.jpg

ゴルフの聖地セントアンドリュースで念願のプレイを果たした旦那さん。

fc2blog_20200829235956477.jpg

fc2blog_20200829235751940.jpg

その後、ハリポタファンなら一度は行きたい、ハリーポッター誕生の地「エジンバラ」へ。

ハリーポッターの魔法学校のモデルとされているFettes College。

fc2blog_20200830000055d6f.jpg

ここ「エレファントハウス(Elephant House)」は、ハリーポッターの作者であるJ.K.ローリングさんが好んで通っていたカフェ。

fc2blog_2020083000013533c.jpg

なんとハリーポッターの第1作が書き上げられたのは、このカフェなんだとか。

fc2blog_202008300002066d7.jpg

ウィスキーの入ったスコティッシュコーヒーがおいしかった。

fc2blog_20200830000238fff.jpg

エジンバラ の街が見渡せるCalton Hill。

fc2blog_20200831232950515.jpg

見下ろすとエリザベス女王がスコットランドを訪問する際に滞在するホリールード宮殿が。

fc2blog_20200831233024e6b.jpg

毎年夏の初めに滞在するのが習わしなんだそう。

そして、世界遺産にも登録されているエディンバラ城(Edinburgh Castle)。

fc2blog_20200830000343e68.jpg

市内中心部から街を見下ろす姿は、圧倒的な迫力。

fc2blog_20200831231737013.jpg

fc2blog_20200831231959057.jpg

その展示すべてからスコットランド人の誇りと愛郷心を感じました。

最後にお邪魔したウィスキーエクスペリエンスのお話は、長くなりましたのでまた次回。

ちなみにエジンバラもシーフードがおいしい🦞

fc2blog_20200829223514ba6.jpg

ムール貝、ロブスター、生牡蠣

ホタテ

fc2blog_20200829235443e01.jpg

サーモン

fc2blog_20200829235518664.jpg

世界遺産ももちろんいいけれど、その地のおいしいものをいただくのが、食いしん坊の何よりの楽しみ(笑)

fc2blog_202008292356025bd.jpg

食べすぎです



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ



ウィスキーの聖地アイラ島へ
2020年08月28日 (金)
湖水地方を後にして、フェリーターミナルへ。
車ごとフェリーで乗り込んで、ウイスキーの島、アイラ島へ向かいます。

fc2blog_20200828003803a14.jpg

甲板から。

fc2blog_20200828003707892.jpg

さ、寒い〜💦

fc2blog_2020082800401091e.jpg

けど気持ちがいい。
やっぱり海はいいなあ。

数あるウイスキーのなかでも“ウイスキーの聖地”と呼ばれるアイラ島で造られる「アイラウイスキー」。
スコッチウイスキーのひとつで、ほとんどの蒸留所が海に面していることから、磯の香りが感じられるのだそう。

アイラウイスキーは、ピートと呼ばれる泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥するため、スモーキーな香りが強いのが特徴。

蒸溜所Bowmore

fc2blog_20200828004416948.jpg

Laphroig

fc2blog_2020082807234878e.jpg

Lagavulin

fc2blog_20200828004631ef1.jpg

Ardbeg

fc2blog_20200828004505c3a.jpg

Port Ellen

fc2blog_202008280043044d3.jpg

コロナの影響でツアーは実施していなかったけれど、街中にピートの香りが漂っているような気がしました。
ウイスキー好きな方には、きっとたまらない聖地ですね。

朝食はスコティッシュブレックファスト

fc2blog_202008280041422a2.jpg

ランチにいただいたロブスターが新鮮で、最高においしかった🦞

fc2blog_202008280042236d0.jpg

何でも生牡蠣にシングルモルトウィスキーを垂らして食べるのが、アイラ島ならではの食べ方だそうで是非にトライしたかったのだけど、お邪魔したお店にはなくて。
家に帰ったらやってみよう。

さてお次はネス湖へ。

fc2blog_20200828004842064.jpg

旅のしおりによると、ネッシーに遭遇する予定だそうです(笑)



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ



リバプールの食と湖水地方の癒しパワー
2020年08月26日 (水)
ビートルズの街、リバプール。

fc2blog_20200825014422435.jpg

全体的にパブが多いけれど、レストランは全部当たりでした。

Six by Nico

シェフNicoプレゼンツのお料理はレストランの名前にもあるように、6つのコースから。

fc2blog_20200825182527438.jpg

どのお料理も

fc2blog_202008251826046b8.jpg

いろいろなソースの組み合わせや

fc2blog_2020082518264559a.jpg

トッピングや付け合わせのお野菜の食感とのバランスが絶妙。

fc2blog_202008251828295df.jpg

盛り付けも美しく、食べていてとっても楽しかったです。

fc2blog_20200825182741d6e.jpg

1皿1皿の量もコンパクトで、コースにありがちな「お腹いっぱいすぎ」にならないのも良い感じ。

fc2blog_20200825182917f72.jpg

気さくなスタッフの方たちの、楽しげなお料理やワインの説明も、より食事を楽しくしてくれました。

ロンドンにも店舗があるようなので、行ってみようかな。

前日の夜にいただいたHeritageのお料理もとっても美味しくて大満足。リバプールの食を満喫しました。

fc2blog_2020082618575684b.jpg

次の向かった湖水地方の翌日の天気予報は終日雨。

晴れているうちに散歩。

fc2blog_20200826185959a2c.jpg

久しぶりにお外に脱出した気分。自然に癒され、パワーを満タンにして帰ろう。

fc2blog_20200826190024829.jpg

みなさんに癒しの空気が届きますように



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ

A hard day’s nightから〜ビートルズの街リバプール〜
2020年08月25日 (火)
ロンドンから北上してリバプールへ。

リバプールといえば、かの有名なビートルズの故郷。ビートルズファンにはたまらない聖地ですよね。
大ファンで、若かりし頃訪ねたことのある旦那さんにとっては涙が出るような場所のよう。

宿泊先は、「Hard Days Night Hotel」(ハードデイズナイトホテル)。
リバプールの中心部にあり、ビートルズファンにはたまらない宿泊施設となっています。

ホテル全体が、ビートルズ一色。

fc2blog_20200824222428dbc.jpg

fc2blog_20200824223915fd1.jpg

部屋でもジョンがお出迎え。

fc2blog_202008242230003c6.jpg

ポールだったりリンゴスターやジョージハリソンだったり、全ての部屋に飾られている絵が違うそう。

”Please Clean.“の代わりに”I Need You.“

fc2blog_20200824221832cad.jpg

そして”Please Do Not Disturb.”の代わりに”Let It Be.”と、それぞれビートルズのヒット曲タイトルに。

fc2blog_202008242217165fd.jpg

アルバートドック内にある体験博物館の「The Beatles Story」。

fc2blog_20200824222148078.jpg

コロナの感染予防もメンバーが(笑)

fc2blog_202008250140133bf.jpg

館内には、ビートルズが定期的にライブを行っていた「キャヴァーン・クラブ」のステージが再現されていて、当時の雰囲気を肌で感じることができます。

fc2blog_202008242214152a6.jpg

ジョン・レノンが暗殺された当日も弾いていたと言われている、白いピアノも展示されています。このブースで流れる曲は、もちろん、『Imagine』。

fc2blog_20200824221556892.jpg

fc2blog_20200824223036491.jpg

彼らの音楽に対する熱い想いとそれぞれの活動、世界に及ぼした影響、熱狂的なファンの様子などから、その偉大さを改めて感じました。

fc2blog_202008242215308f3.jpg

fc2blog_202008242214514c4.jpg

駅前からつながるマシュー・ストリートは一番の繁華街。

fc2blog_20200825014422435.jpg

たくさんのパブがあり、とてもにぎわっていましたが、密を避けて眺めるだけで我慢。

ピア・ヘッドでビートルズのブロンズ像を拝み

fc2blog_20200824222023b83.jpg

リバプール大聖堂

fc2blog_2020082501411090e.jpg

ペニーレイン

fc2blog_202008242253549b8.jpg

ストロベリーフィールド

fc2blog_2020082422193164d.jpg

ポールとジョンの生家

fc2blog_20200824224713415.jpg

ジョンがよく立ち寄ったと言われるパブ

fc2blog_2020082422482761b.jpg

後悔がないように、時間が許す限り精力的に廻り、お腹が空いたところでお邪魔したお店はSix by Nico。
シェフNicoさんプレゼンツの数々のディッシュたちに感動
Sixのコースは次の記事でご紹介しますね。


リバプールを満喫して、さらに北上。
湖水地方へ向かいます



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ