やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
甥っ子来訪~冷蔵庫の忘れ物~
2019年03月25日 (月)
昨日は甥っ子ちゃんたちが遊びに来てくれました。



わが家の娘は一人っ子なのだけれど、姉のところはなんと男4人兄弟。
今回は1人が用事があって3人での来訪でしたが、食べ盛りの男の子、どのくらい食べてくれるのか見当もつかず、とりあえずご飯はめいいっぱい炊きました。

fc2blog_20190325135608a75.jpg

黄色いサフランライスでピーンときたあなた。はい、正解。

fc2blog_20190325135635249.jpg

メインは牛すじハヤシライス。

大根がゴロゴロ入っている、干しシイタケのお出汁感じる和風ハヤシライス。

たっぷり作ったけれど、みんなおかわりをしてくれて、ルーはほとんど残らず。
やっぱり男の子の食べっぷりはスゴイ。

わが家はみんな大食漢でいっぱい食べるけれど、格が違う。見ていて気持ちがよく、おいしそうに食べるその姿が嬉しくて。
他にもキャベツの豚肉巻きやもやしキッシュ、野菜系のメニューを数皿作ったけれど、ほぼ完食。

食べている間、永吉も含めて、今興味のあることや将来どうしたいのかなど、いろいろおしゃべり。
小さい頃から知っているので、何だかもう、かわいくてかわいくて。

今回は偶然、姉夫婦の都合が悪く、甥っ子たちだけの来訪となったけれど、親が一緒だと、つい大人同士の話がメインになってしまいがち。そして、本音もなかなか出にくい。
こういう親以外のオトナと話すことって、若い子には実はいい機会なのかもしれませんね。

そして大人にとっても、自分の子以外の若い人たちとの時間を持つことは、とってもパワーをもらえます。

2016年12月4日 テノハ12

イベントでご一緒させていただいている大学生のみなさんとの時間、実は私にとっての宝物です。

fc2blog_20180728072646816.jpg


対わが子だと、親の余計な主観もつきまとって、おせっかいなこと言っちゃうんですよね(笑)

娘にも、たくさんのオトナの方たちと、親抜きで関わりあってほしい。
私たちが渡英することになったので、必然的に娘もそんな機会、、、私の兄弟や友人たちのお世話になることが多いかもしれません。
でも、そこでまた貴重な経験もさせていただけるのだろうなあと思っています。

みんなが帰って片づけをしつつ、冷蔵庫をみたら、、、、

fc2blog_2019032514070110c.jpg

ガーン

もう一品、出し忘れました。。。ショック。

これ、私よくやるんですよね。
永吉には作りすぎるからだと言われるのだけれど、途中でおつまみがなくなっちゃうのって淋しくないですか?

仕方がないので、今日の私のランチ。

fc2blog_201903251407231b7.jpg

多すぎるよ~ん(笑)

中身はカブだから、ま、いいか。

休日の昼下がりに、おばちゃんに付き合ってくれた甥っ子ちゃんたちに心から感謝です

fc2blog_20190325135541433.jpg


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ


残り物でお遊び。
2019年03月20日 (水)
コラボレッスンも終わり、昨日はオフday。

昨日はHimemama代表理事の坂上愛佳さんとおうちでディナー。

なんとなくロンドンでの情報をと調べていた時にヒットしたサイトHimemamaロンドン

少し前から違う肩書でご紹介されてお知り合いになった愛佳さん。
まさか、Himemamaを立ち上げた方だとは全然知らずにメールをしあっていてビックリ。思わずご縁を感じ、ぜひ会いましょう!ということになりました。
お会いしたら、国境を越えてバリバリとお仕事をされているのに、ふわりとしたとってもかわいらしい方で。

fc2blog_201903201253357fa.jpg

私の作った野菜料理をステキなおいしい笑顔で食べてくださいました。

泡を飲みながらの話も盛り上がり、お仕事のお話も。
ロンドンにお住いのママたちが、ワクワクするお手伝いができればいいなと思っています。

今朝は、レッスンとおもてなしで残った食材でちょっとお遊びを。

2019年3月20日 菊オードブル1

菊の花と春菊があったので、残り物の生ハムでクルクルと。
生ハムの塩気があるので、味付けは控えめに。

発色のいい一皿って、見ているだけで元気になりませんか?

ダブル菊のほろ苦コンビ。

2019年3月20日 菊オードブル2

食べると血がきれいになる気がするし、あの香りも気持ちが落ち着く感じがします。
どちらも自律神経を整えて、リラックス効果が期待できるそうですよ。

朝からお遊びをして冷蔵庫のお掃除もできてスッキリ

日本で繋がったみなさんとの大切なご縁をお守りに、エイヤッと思い切って飛び込んでみたら、ロンドンでもたくさんのステキなご縁が広がるかもしれないな、そうなったら嬉しいな。
そんな風に感じながらのオフdayの朝でした


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ

床屋さんから大量のクレソン
2019年03月11日 (月)
買い物してから帰るから、先にお風呂入っておいてね。

そう言って先に帰ってもらった旦那さん。
週末は39度以上の発熱でダウンしていました。

病院に行ったけれどインフル反応は出ず、まる1日寝込み状態。
日曜日にはやっと熱も下がり、夕方に外出。

先に帰り、いつもの習慣でチェーンをしっかりしてくれました。



ドアのベルを何回押せども反応なし。
おーい、お風呂あがるまで、閉め出しかい。。。

15分くらいドアの外で待ちぼうけを食らいましたが、お土産があるよ♪といって、じゃーんと差し出されたもの。

fc2blog_201903110843577d0.jpg

大量のクレソン!

2018年3月11日 クレソン1

しかも、ものすごく新鮮

2019年3月11日 クレソン2

すご~い、こんなにたくさんどうしたの???
ん?床屋さんへ行ってきたんだよね?
床屋さんとクレソン、どうしても結びつかない。

なんでも床屋さんのところでたくさん収穫できたのか、お裾分けしてくださったらしい。
クレソンいる?と聞かれて、うんうんと大きくうなずいたら、こんなにたくさん。

きゃ~、嬉しい。でかした~!!!
締め出しを食らわせてくれたことは水に流そう。

こんなにたくさんのクレソンは初めて。
スーパーでは、ほんのちょっとで結構なお値段しちゃうし。

とりあえず鍋に贅沢に入れちゃおうということで、鶏もも肉と手羽先を下茹でして、水からコトコトと。
冷蔵庫に合ったえのきとおネギを入れて、そして食べる直前にクレソンをどさっと。



具材がみえない(笑)

クレソンのほろ苦さがたまらなくおいしくて、シャキシャキ。
まだまだ残っているクレソン、あとはどうやっていただこうかな♡

春野菜の苦みって、体を元気にしてくれる気がしませんか?
それって正解♪
この苦み成分が、不要な老廃物や毒素を体外へ排出してくれる「解毒作用」や「新陳代謝を促してくれる働き」を持っていると言われています。

春のサラダといえば、以前ご紹介したかぶと豆苗の春爛漫サラダ

2016年3月8日 セブン1

かぶには、春と秋に2回旬があって、春かぶは柔らかくて繊維が少ないので、サラダやマリネにするとおいしい♪

ちょっと酸味と甘みのきいた、炒めたにんにく風味の熱々ベーコンドレッシングを新鮮野菜にジュっと一気にかける。
かぶや豆苗がその熱でちょっとしんなり。
味もしみて食べやすくなり、お子さんでもおいしくいただけちゃう。

このサラダ、自分のレシピの中でも特に好き。
こちらの記事に詳しい分量など載せているので、よかったら作ってみてくださいね。

3月に入り、どんどん暖かくなってくると、ホロ苦春野菜がたくさん出てきますね。
ふきやタラの芽、ウドや菜の花、うるいなどなど。

考えるだけでもワクワクしませんか?
春はもうそこまで。

今年の春は大忙しになりそうです


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ



楽しいホタルイカの下処理♪
2019年03月09日 (土)
今朝は早くから、ほたるいかの下ごしらえ。

ほたるいかは旬を迎えて、今、とってもおいしいですよね♪
せっかくならば、うーんとおいしく。

ほたるいかの食感の一番邪魔になるのは、この固いお目目。

fc2blog_20190309071436964.jpg

ぜひ取り除いてね。
私は目の周りの黒い部分も一緒に外しちゃってます。

そして、足の真ん中あたりにグッと指を入れると、くちばしが。

fc2blog_201903090715020a8.jpg

つまんでそっと引き出します。

fc2blog_20190309071532fdc.jpg

この作業、かなり好きです(笑)

そして頭の先をつまむと

fc2blog_201903090830528d6.jpg

軟骨がするりと出てきます。

fc2blog_20190309083109847.jpg

これも結構気持ちいい♡

この軟骨作業してたら、先日のヤリイカからイワシ事件を思い出しました。

fc2blog_20190227055416884.jpg

あれは、本当に腰抜かしました(笑)

小さいほたるいかは、くちばしも軟骨も柔らかいので、面倒くさかったら目だけで大丈夫。
でも、ぜひやってみて。おもしろいから♪

下ごしらえの後は、そのまま酢味噌で食べても、マリネにしても。

fc2blog_20190309071616f1a.jpg

今日は、カレー風味のマリネ液に、切干大根と一緒に漬け込みました。

ほたるいかはちょっと癖があって、あのほろ苦さが大人にはたまらないのだけれど(日本酒に合うし)、それがちょっと苦手なお子さんも。

私はいつもほたるいかをサッと湯がきます。

fc2blog_201903090711320d5.jpg

そうするとプックリと一回り大きくなって、臭みも抜け、歯切れがとってもよくなります。

fc2blog_20190309071211475.jpg

これをレッスンでご紹介して、苦手だったほたるいかが大好きになったお子さんが何人もいます。
ほたるいかって、割と大容量。
ご自身は好きなのに、お子さんが食べてくれないので、いつもおいしそうだなあと思いつつ売り場を後にしていたというあなた。
ぜひ、お試しあれ。

熱いまま、マリネ液にドボン。

fc2blog_201903090712307f4.jpg

味が染み込みやすく、マリネ液にもおいしくイカの風味がつくの。

fc2blog_2019030907110312e.jpg

一石二鳥です♡


今日は法事のために実家へ。
母がいるので、実家で身内だけでとり行います。

昼食のお寿司は手配してくれたとのことなので、このほたるいかマリネとうちのひじき煮、レンジなすの南蛮漬けを持って行ってきます。

渡英するまでに引っ越し作業を始め、諸々の用事がどんどん出てくるだろうから、もう何回会えるかわからない。
今のうちにしっかりお祈りしてこよう。

外は晴れやかにいいお天気。
みなさんも楽しい週末をお過ごしくださいね


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ
作りすぎたひじきの煮物の行方
2019年03月07日 (木)
娘が一時帰国するというので、張り切って作りすぎたひじき煮。



お友達との予定もあるし、おそとごはんにも連れていったりしたので、毎朝、毎ランチで出しても当然余る量でした。。。

レッスンでご紹介したリメイクサラダも、もちろん大活躍です。



でもね、それでもまだ余っちゃっていて。
娘は毎日、ひじき煮でも大歓迎なのだけれど、旦那さんはさすがにもういいや、、、というオーラが見え見え。

ひじき、おいしいですよねえ。

まあ、なんとなく気持ちわかります。
男性はやっぱり、肉をガツーンと食べる方が嬉しいのでしょうね。

それでもやっぱりラストひじきをなんとしてでも食べてもらいたいので、別のアレンジを。

オムレツ好きの旦那さん。
卵でくるんでしまえば、ちょっとウキウキするでしょう。

冷蔵庫に残っていた小ネギととろけるチーズを一緒に巻き込んで。



ものの2分で完成です。



ひじき煮にはしっかりお味がついているので、ソースは必要なし。

チーズとお醤油味って、間違いなくおいしいの、想像がつくでしょう?
うんうん、おいしいから♡



旦那さんも、うん、うまいうまいって、だまされていました(笑)


5日間の日本滞在を終え、昨日、元気に発っていった娘。

本当は私が娘の元へ行くはずだった今回の旅行。
急遽の変更に、荷造りも完了、心の準備もできたぞ!と意気揚々のかあさんは、ちょっとヒュルルル~な気分でもありましたが(笑)、今回の旅の目的は家族全員が集まること。
やっぱりこれで正解でした。

就活アイテムも揃え、ちょっと不安な就活相談もパパにすることができたし、久しぶりに手料理を食べさせることができて、私も満足。

この後、彼女はスペインに直接戻らず、クラスメイトとバルセロナで待ち合わせて、オーストリアを旅するのだそう。
中学生の時に帰国した時は、一人で電車に乗る練習さえも嫌がっていた娘が、今や国境を越えて颯爽と軽快に動き回るようになっているなんて。
母をとっくに飛び越えて、自分の足で前に進めるようになっているのですね。
若いって、本当に眩しいなあと。



娘の部屋に残された置手紙には、「家族旅行、いつかリベンジしようね」のメッセージ。

思わず、ウルウルきてしまったのはご想像がつくと思いますが、娘と再会した時に胸を張れるよう、みなさんとのクッキングを思いっきり楽しみながら、渡英に向けての諸々の準備という新しく課せられたミッションをクリアすべく、笑顔で進んでいきたいと思います。

あと数か月で50歳を迎える今年。

娘に負けずに、進化していくことを心掛けたいな。
そんなことを思う、久しぶりの家族の時間でした


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)

インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ