<
野菜をいっぱい食べたい、食べさせたい方との交流ブログです(^-^)
コスパ最強!五感で楽しむビストロフレンチ~「レストラン Air (エール)」@銀座~
2017年02月18日 (土) | 編集 |
野菜がビックリするほど食べられるレシピをご提案する

「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
やさい料理研究家・くにゆきしほです


いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村



やさい料理研究家のしほさんに
絶対にご紹介したいお店があるの

ご自身でもいくつかレストランを経営されていて

おいしいお店を熟知している理央ちゃんが
ご紹介してくれたモダンフレンチのお店

Restaurant Air (レストラン エール)


恵比寿にあったお店が銀座の一等地に移転して以来
人気沸騰で予約必須だというから
もうワクワク


まずはフォアグラのソフトクリーム

2017年2月17日 AIR1

ミルク感のあるソフトクリームがとろけるようで
かつ、さらっとあっさり

サクッと口に入れた瞬間にほどけるコーンが
心地いい


野菜のパフェ

2017年2月17日 AIR2

きゃ~と思わず歓声が出てしまうほどの美しさ

上は軽くサクッとした食感の野菜が飾られていて
中段にジュレ、下段にはコロコロのお野菜が。

繊細な味わいで野菜の旨味と甘みが活きていて

細くカットされたトップのお野菜の食感が
全体を引き締めます


そしてお店の名にちなんだ「エール」

2017年2月17日 AIR7

こちらも、見た目の鮮やかさがすばらしいでしょう?

グラスの縁には、蕪で作ったチップス
その上にオニオンアイスとタピオカでつくった蝶

2017年2月17日 AIR9

底には天使の海老、水だこ、ほたて等の魚介類が

2017年2月17日 AIR8

チップスの裏にもお花が細工してある、手の施しよう

これをスプーンで崩して混ぜて食べると
お口の中で、シャクシャク・プチプチ・コリコリ・・・

いろんな食感が楽しくて
次のひとさじはどんな感じかなと食べ進めたくなるの


お魚の鯛はカラリと焼き上げたウロコがサックサク

2017年2月17日 AIR3

火の通し方は完璧で
身はしっとりとジューシー

下に敷いてあるオレンジ白菜の甘味と
クリーム仕立てのソースがお魚の味を引き立てます


ブリオッシュもホワッと温かでふわふわ

2017年2月17日 AIR4

豚ヒレ肉はこれまた絶妙な火の通し方で
うつくしいピンク色

2017年2月17日 AIR10

整然と並べられた、色とりどりのお野菜とともに

2017年2月17日 AIR12

後から注がれるコンソメスープと一緒にいただきます


そして、デザート

2017年2月17日 AIR13

もう、手をつけるのがもったいないくらいの
繊細な美しさ


素材の旨みを活かす繊細な味付けと
素材の食感を最大限に引き出す絶妙なカットと調理

そして、どれだけの時間を
このお料理たちに費やしているのか

おそらく想像以上の手間暇をかけないと
こんな芸術的なサプライズはできない


サーブをしてくださる方もとても上品で気さくで

選んでくださるワインも間違いなしのおいしさ


このお店、ランチは4500円
ディナーは6800円のコースのみ

銀座の一等地にこのお仕事にこのレベルのお料理

コスパ最強のお店だと思います


ここはちょっとびっくりのお店

絶対にまた伺います


理央ちゃん

ステキなお店をご紹介してくださってありがとう

最高にしあわせな時間でした


さて、今日はこれから試作の日

新しいウェブマガジンのサイトから
お声をかけていただいて

これはがんばらなくては、と鼻息荒くしております(笑)


野菜たっぷり、簡単に誰でもできて、意外性がある
ということに注目していただいたよう

お野菜のおいしさを
いろいろな方法でみなさんにお伝えできたらいいな

そんなふうに思っています

ではでは、お買いものに行ってきま~す


ブログランキングに参加しています

ブログを通じて
みなさんと繋がらせていただけていることに
改めて感謝しています

毎日のポチっと応援が励みになります

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

いつもみなさんありがとうございます

※お教室へのご質問・お問い合わせ
レシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします
を@に変換してください)







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック