やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
キレイに巻き巻きしたい?~レインボー巻き寿司のコツ♪~
2017年06月02日 (金)
昨日お知らせさせていただいた、こどものヒトサラの掲載レシピの1つ

レインボー巻き寿司

2017年6月1日 デコ6

すごいキレイ〜でもキレイに作れるか自信ないんです。。。コツはありますか?

そんなかわいいお問い合わせが数件。

安心してください。

ありますよ、コツ♪


こんなふうな色とりどりのご飯。

2017年6月2日 レインボー2

昔はゆかりや炒り卵、デンブなどをまぜて、色ご飯を作っていたけれど
味はまちまち。統一感はありません。

現在はこんなものがあるの。

2017年6月2日 レインボー9

はごろもフーズさんのデコふり

味は鮭と卵の2種類。
いろいろな色がセットされていて、デコ弁ママさんならきっとご存知だよね。

色も優しくて、かわいい


今回は酢飯に色をつけて、こんなふうに。

2017年6月2日 レインボー4

こんなふうにまっすぐご飯を置けない~
と思っちゃうかな?

こんなときに重宝するのが、ケーキ作りに使うスケッパー。

2017年6月2日 レインボー10

なければ、真っ直ぐな線があるものなら、なんでもいいの。
牛乳パックを開いて、真っ直ぐな部分を使ってもいいと思うよ。


こんなふうにご飯をせき止めて

2017年6月2日 レインボー11
(今日は、もち麦しかなかったの、ごめんね。)

ヒョイっと取り除くとほら

2017年6月2日 レインボー12

まっすぐでしょう?

これを繰り返していけば、キレイな線のレインボーご飯ができあがります。

スケッパーは少し濡らしながら作業すると、ご飯がくっつかなくていいかも。


ラップで覆って、まな板をかぶせて

2017年6月2日 レインボー5

くるっとひっくり返せば、海苔がこちらに。

2017年6月2日 レインボー6

お好きな具をのせて

2017年6月2日 レインボー7

ギュッとマキマキしたら

2017年6月2日 レインボー8

レインボー巻き寿司の完成

2017年6月2日 レインボー1

マキはかなりきつめにね。

そして、やはりご飯が色が変わるところで崩れやすいので、切るときには慎重に。

よく切れる包丁を、その都度濡らしながら切ることをオススメします。


酢飯にデコふりで味がついているので、小さなお子さんはお醤油つけなくていいからいいから
食べやすいかもしれませんね。


ちょっと、、、いや、大分手間がかかるし、
大人は普通の巻き寿司の方がお好みかもしれませんが

お子さんはそのビジュアルで、わあ~、スゴイって大喜びしてくれるかも。


お時間に余裕のある週末にでも、お試しあれ。

面倒くさいなあと思いつつやってみると、もう、子供の反応なんてどうでもよくなるくらい
ママの方がハマっちゃう可能性あり(笑)

だって、出来上がった時の達成感は味わえるし、

幼い頃の工作を思い出す
ちょっとした精神統一できる時間になるかもしれませんよ


いつも温かい応援をありがとうございます。

ポチッとクリックしてくださると嬉しいです♪

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
メールフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)