やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
わが家のつくおき(作り置き)の定番~ピーマンの焼き煮浸し~
2017年08月03日 (木)
リーズナブルなお値段のピーマンは、旬の今はさらにお安く売り出し中。
しかも、色つやもツヤツヤとしていて、お味もおいしい♪
ついつい、大袋で買ってしまいます。

ビタミンAやCを豊富に含むピーマンは、夏バテ予防や疲労回復効果も期待できる、優秀夏野菜。
だけど、あの独特の苦味がちょっと苦手な方も多いかな。

私もそんなにピーマンラバーではないけれど、この焼き煮浸しはクセになるほど好き。

2017年8月2日 ピーマン1

油で焼き目をつけて、クタクタになるまで煮るだけなんだけれど、あの苦味が旨みに変わって、ほのかな甘みさえ感じるの。

2017年8月2日 ピーマン3

鰹節なんてかけちゃったら、もうご飯止まらなくて、大変。
ご飯の上にのせて、ピーマン丼にしちゃっても。

2017年8月2日 ピーマン5

みなさんのお宅でも、きっと作られているお惣菜ですよね。
うちの味付けは、白だし大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1、水大さじ5くらいかな。焼き付ける油はちょっと多めでね。

お弁当の色合い目的で、パプリカも一緒に似たりするけれど、やっぱり緑のピーマンがおいしい♪

2017年8月2日 ピーマン6

キリキリに冷やしてもおいしいので、たくさん作って冷蔵庫に置いておく、わが家の作り置き、そう、つくおきの定番。
作り置きといえば、少しだけ残っていたごぼうで作ったきんぴらごぼう。

2017年8月2日 ピーマン8

うちのきんぴらは、しめじとしらたきを入り。
これは、実家の母ゆずり。

一昨日、夏祭りに着る浴衣をとりに実家へ。
くも膜下出血をおこす前に、母がキチンとアイロンをかけてしまっておいてくれていた浴衣たち。

2017年8月1日 浴衣1

祖母の手縫いの綿仕立ての浴衣は、手のぬくもりさえ感じます。

2017年8月1日 浴衣2

そんな優しい貴重なお宝と一緒に大事に保管されていたぽっくり。

2017年8月1日 ぽっくり

七五三の参拝で、私がこれを履いて大転びしたことを、母は楽しそうに語るの。
懐かしすぎて、泣けます(笑)
もう、履く人はいないけれど、これも想い出がつまった、大切なお宝。
40年ぶりに出してあげられてよかったな、とふわっと優しい気持ちになれた1日でした。

昨日は撮影後、ひたすら眠くて、20時くらいにちょっと仮眠をとって、、、と思っていたのに、目が覚めたら朝5時!小さなお子さまのような睡眠時間にホンキでビックリしたけれど、おかげでスッキリ。さて、今日はおこもりで事務仕事をかたづけま~す。
みなさんも、笑顔の1日でありますように




いつも温かい応援をありがとうございます。

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
メールフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)