やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
即席!なすの揚げ浸し
2017年08月27日 (日)
超がつくほど、ナス好きの娘。昨日は、短期語学留学のためにスペインへ旅立つ日。ランチを食べてから出発するというので、ナスの揚げ浸しを。

2017年8月26日 揚げナス1

冷蔵庫にナスを買っておいたのを忘れていて、作り始めるのが遅くて慌てたけれど大丈夫。だって、ものすごく簡単だから♪
小鍋に油を1cmくらいの高さになる量を入れて、半分に切って格子に飾り包丁を入れたナスを投入。皮目から揚げること3分、裏返して1分くらいかな。ナスはお好きな切り方でいいのだけれど、私はこの大きめのナスをお箸で割きながら食べるのが好き。

2017年8月26日 揚げナス2

揚がったナスをドボンドボンと漬け汁に浸していくだけ。水100ccに白だし大さじ2、お砂糖小さじ1くらいかな。味をみて美味しいと思うくらいのお味で。新生姜を針生姜にして、一緒に漬ければできあがり。

2017年8月26日 揚げナス3

しばらく漬けて味のしみた揚げ浸し。

2017年8月26日 揚げナス4

ジュワッとしみ出るお出汁でお口の中が幸せになります。
おナスと油の相性は抜群。焼きナスや蒸しナスもおいしいけれど、やっぱり揚げナスのまったりしたコクは魅力的だなあ。

思いっきり和のランチを食べて、元気に出発した娘。
見送って、夕食を食べて帰ってきたら、ベッドの上に置き手紙がありました。

2017年8月26日 手紙

パパへは、「貴重な機会を与えてくれてありがとう。この2週間でいろいろ吸収して、この経験を将来に生かせるようにがんばってくるね。」ママへは、「いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう。ママのご飯は世界一♡」とありました。きっと、どの子供にとっても、母親が作るご飯が世界一ホッとする味なのでしょうね。

小さい頃は、自分からこれがしたいとかあれがしたいという意欲があまり感じられなかった娘。一人娘ゆえに、何をするにもお膳立てしてしまったせいもあるのでしょうね。今では夢をカタチにするために、その手段も自分で選んで、手配もするようになりました。そんなことを思うだけでウルウルしてしまう親バカぶり。最近、母さん、涙腺弱くなってます(笑)
今回も自分で選んだスペイン語圏への留学。たくさんのことを経験して、元気に笑顔で帰ってきて欲しいと思います。
はい、母さんはご飯作って、首をなが~くして待ってますよ


今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
いつも優しい応援に感謝です。

ポチっと応援くださると嬉しいです。


※お教室へのご質問・お問い合わせ
レシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします
を@に変換してください)