やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
やっぱりおいしいはステキだ!
2017年10月24日 (火)
入院中の一時帰宅時のこと。
家のことも気になるけれど、根っからの食いしん坊。胃袋がおいしいものを求めていました。
無性においしいお魚がいただきたくて、お邪魔したお店。

佐藤@たまプラーザ。

お店に入ると、まず出迎えてくれるのは、人の良さそうな大将の笑顔。友人の家にお呼ばれしたような気分。店内コンパクトながら、お掃除が行き届いていて、清潔感があります。

おまかせでお願いしたお造りから、ネタの新鮮さはもちろんのこと、丁寧でしっかりしたお仕事が感じられます。素材の良さが生かされている一品料理も、ネタとシャリのバランスが絶妙のお鮨も最高でした。

お料理も空間にも、大将の和やかなお人柄が出ているような、居心地のいい、おいしいお店でした。またゆっくりお邪魔したいな。



ああ。。。おいしいって、やっぱりステキだ。
食は、人を元気にしてくれる。元気で笑顔で食べられるって、なんてしあわせなんだろう。
そこに作ってくれる人の想いや愛情が感じられれば、そのおいしいはもっとステキなものになる。

今は、早くお料理がしたい。おいしいものを大好きな人たちのために、楽しんで作りたい。入院中にいろいろ湧いたアイディアを試したい欲で溢れています。当分、わが家のキッチンは実験ラボ化することが確実かな。あ、大丈夫。ほどほどにします(笑)

本日、最後の高気圧酸素治療を終えて退院。あわよくばのアンチエイジング効果については、後日♪



久しぶりの外気が清々しく感じられて、とっても新鮮。こんな気持ちのいい日に退院できることにも感謝です



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

いつもポチっと優しい応援をありがとうございます。