やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
プチつくおきのススメ
2017年11月29日 (水)
今週は、つくおきレッスン最終週。朝一番の、すごい量の野菜仕事も明日で終了です。
今回はにんじんがほとんどすべてのお料理に使われているので、にんじん仕事と言っても過言ではないかも。

うちのシリーズ①きんぴら明太や

2017年11月16日 きんぴら明太

うちのシリーズ②コールスローサラダ。

2017年11月16日 コールスロー

うちのシリーズ③和風にんじんラペと

2017年11月16日 ラペ

すだち香る鮭の南蛮漬けにも。

2017年11月16日 南蛮漬け

とにかく、スライス、千切り、みじん切りと、ピーラーやスライサー、包丁が大活躍。

作り置きをするときは、いつもよりも品数がおおいので、スピーディに作業をしたいですよね。
私は野菜を最初に切っちゃうの。全部とは言わないまでも、にんじんだったら、まずはピーラーやスライサーでスライスし、小さくなったにんじんを包丁で千切りに。



ほら、ピーラーやスライサーで最後までがんばろうとすると、手まで削っちゃったりして痛いことになりがちでしょう。なので、程よいところでやめておいて、あとは千切りものに使います。まとめて切ってしまったほうが、無駄もでません。





こちらの豚肉巻きのオーブン焼きに使うパプリカは、真っ直ぐなほうが巻きやすいのだけれど、、

2017年11月16日 肉巻きオーブン

パプリカは縦に切っても横に切っても丸いので、上下を落とさなけばなりません。



でも、南蛮漬けの彩りとして、落とした部分を同時にスライスすれば無駄がないので、大胆に上下をカットできますよ。

2017年11月16日 南蛮漬け

切って、炒めて、切って、焼いて、切って煮込んで、、、よりも、最初にまとめて切っておくほうが、かなり時短になります。まな板もいちいち洗わなくていいので、楽ちん♪あ、肉よりも野菜を先に切るのも、衛生面で大切なことの1つ。

今回のテーマはつくおき。いつもと同じ品数ではいけないと病院のベッドの上でメニューを練り直していたら、あれもこれもお伝えしたくなってしまって、かなりボリューミーな内容になってしまいました(笑)。
でも、お野菜ばかりなので大丈夫。みなさん、お腹一杯だけど、胃は全然もたれないし、野菜がいっぱい摂れたので体が喜んでる♡とおっしゃってくださいました。

今回お伝えした8品をいっぺんに作る必要はありません。冷蔵庫に2~4品、作り置いておいて、あと1品、お肉やお魚を焼けばいいだけの状態だと、日々のご飯作りへのプレッシャーが少なくなりますよね。
できるときに、できる分を楽しんで♪そんな、プチつくおきがおススメです



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
ポチっとしてくださると嬉しいです。

いつも優しい応援をありがとうございます


~リクエスト野菜テリーヌレッスンの空席情報~

【メニュー】
野菜テリーヌ
根菜のアヒージョ
しっと~りやわらかな低温火入れのローストポーク
柿と春菊のマリネ
※詳細はこちら

【レッスンフィー】7000円
【日程】
12月7(木) 1名さま
12月8(金) 1名さま

お申し込みは、先にご連絡を頂いた方より優先させていただきます。万が一満席の際はご了承下さいませ。

【時間】10時~14時

2016年3月13日 テリーヌ

※他メニューはこちらをご覧ください。

ご興味をもっていただいて、お時間のご都合がつきましたら、ご連絡くださいね。

【お申込みアドレス】veggie.circle831gmail.comを@に変換してください)

ご連絡、心よりお待ちしております。