やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
うちのブリ大根~隠し味にはケチャップを♪~
2017年12月23日 (土)
ブリがおいしい季節ですね。
旬のものは、お値段も安定しているし、何よりも脂がのっていておいしい♡

ブリといえば、やっぱりブリ大根。

2017年12月23日 ぶり大根4

ブリの旨味を吸った大根は最高においしい♪
大根は輪切りがわが家流。どんなに大きくても半分にしません。大きい大根に少しずつお箸を入れていくのが好きなの(笑)
大根はお米のとぎ汁で15分くらい煮て、柔らかくしてから使います。面取りも忘れずに。

2017年12月23日 ぶり大根2

ブリは熱湯で霜降りにして、あとは調味料を入れただし汁で大根と煮るだけ。

ぶり2切れに対して、だし汁1カップ、しょうゆ、みりん各大さじ2、そしてざらめ大さじ1。このざらめがコクをあたえてくれるのです。
あとは、しょうがとほんのちょっとのトマトケチャップ。
トマトケチャップ~???って思うでしょ?
でも、トマトケチャップはトマトのお出汁が凝縮されている万能調味料。うちのひじき煮や切干大根にも隠し味で入れてます♡

この真っ黄色のしょうがは三竹さんのあまっ娘野菜。

2017年12月23日 ぶり大根3

三竹さんのしょうがは黄金色で本当にきれいなの。
そのまま口にパクッといれてもツンツンした辛さがなくて、しょうがのいい香りがぶりの脂を上品に食べさせてくれる。

2017年12月23日 ぶり大根1

そして、うちのぶり大根に欠かせないもう一つの主役が春菊。
春菊のほろ苦さが、ブリの脂の溶けだしている甘めの煮汁と抜群にあって、ご飯止まりませんの~。
ゆずなんてあったら、もう最高♡皮を細かく刻んでパラパラっと振りかけてどうぞ。

脂のりのりのブリ。今のうちにぜひいっぱい食べてくださいね



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
ポチッとしてくださると、とっても嬉しいです♡

いつも優しい応援をありがとうございます。