やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
あけましておめでとうございます
2018年01月01日 (月)
みなさま、新年あけましておめでとうございます。
2018年1月1日。お天気もよい新しい年のスタートとなりました。
窓から見える富士山もクッキリ

2017年1月1日 富士山

みなさんにも富士山のご利益がありますように、、、と、昨年2017年のスタートのブログで書きましたが、な、なんと。
富士山が見えなくなっております。
富士山を望むラインに新築マンションが建ち、ある日突然、見えなくなってしまいました。

とっても残念ですが、もともと入居してから富士山が見えるのがわかったくらいで富士山目当てではなかったし、寝室からは半分見える姿が、ちょっとかわいい。これからも、どうぞ片目ウィンクで見守っていてくださいませ♪

さてさて、昨日1日奮闘しましたおせち作り。
去年、焼き色が足りなくて、次回にリベンジをと思っていた伊達巻。

2017年12月31日 おせち6

今回はいかに。

2018年1月1日 伊達巻1

おお!焼き色はなかなかいい感じです。
断面も、、、。

2018年1月1日 伊達巻2

とってもよいのではないでしょうか~♪

2018年1月1日 伊達巻3

端っこを味見したら、ふんわりしていておいしい。来年もこのレシピで決定!
覚書として、分量を。卵4個、はんぺん大判1枚、みりん大さじ1、はちみつ大さじ3、白だし小さじ2。そして、ここでもほんのちょっぴりのトマトケチャップとマヨネーズを。え~っ!て言わないで(笑)。!原液を味見してみたけれど、風味がやっぱり増しますの。
それをフープロでガーッとやって、型に流し込みます。型は、20cm×20cm。そんな都合のいい型がない場合が多いですよね。その場合は、こちらを。

2018年1月1日 伊達巻5

オーブンペーパーを2枚重ねたら、簡単に思い通りの型が作れます。
200℃で10分、190℃に落として10分。ここで焼き色がやっぱり物足りなかったので、210℃で3分、焼きを追加。これは、ご家庭のオーブンの具合で調節要ですね。

2017年12月31日 おせち10

そして、巻き。これにはちょっとコツがいりますが、コツをつかんでしまえば簡単。熱いうちにちょっとカーブのくせを付けておいて、そのあと本巻き。う~ん、言葉で説明するのがもどかしいので、来年のおせち作りシーズン前に、ご希望があったらレッスンでやりますね。

あとは、煮豚。

2018年1月1日 焼き豚1

ジュワっっとジューシーなこの煮豚は、うちの家族の一番のお気に入り。

2018年1月1日 焼き豚2

最後に海老の含め煮ができたら、お重に詰めて完成。

2018年1月1日 おせち2

バタバタしていて、南天もいくらも買い忘れちゃったけれど、まあいいとしましょう。

今年はこのおせちで実家で新年を迎えました。
弟家族も来ていてにぎやか。かわいい姪っ子ちゃんたちも、おいしいおいしいと喜んでくれて、よかった♡
なかでも彼女たちのお気に入りだったのは、栗きんとん。

2017年12月31日 おせち8

これね、ちょっと生クリームを忍ばせてます。
甘さ控えめでもコクがあって、ちょっと洋菓子っぽい。市販の甘みの強い栗きんとんとは、まったくの別物なの。

両親の嬉しそうな笑顔も見られたし、満足して帰ってきたら、ガーン。

2017年12月31日 おせち3

冷蔵庫に、たたきごぼうが。
、、、存在をすっかり忘れておりました。これ、本当においしかったのに、残念。

レッスンでもたまに、「先生、まだお醤油入ってませんよ(笑)」とか、忘れ物を教えてもらうことも
こんなわたくしですが、どうぞ懲りずに、これからもどうぞよろしくお願いします。

今までは、大晦日から山口に帰省していたので、おせち作りとは無縁のお正月。
去年の娘の大学受験で、初めてのおせち作り。
作ってみたら面白くて、今年も思いっきりハマってしまいました。
これは、研究しがいのあるテーマ。
伝統を守りつつ、ちょっとアレンジを考えるのがとても楽しい。来年のおせち作りも楽しみです。

今年も、みなさんと、みなさんの大切な人たちのおいしい笑顔のためのレシピ作りを楽しんでいきたいと思います。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします


本日もご訪問くださって、本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします♡

いつも優しい応援をありがとうございます。