やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
しみじみとおいしいお惣菜
2018年02月01日 (木)
最近、大根仕事がとっても多い。

2018年1月4日 大根

代官山テノハイベントの時は、あまっ娘大根ステーキの下ごしらえで100切以上の大根をかつら剥きしました。



そして、現在進行中の2018年新春開運コラボレッスンでは、チキンタジン。

2018年2月1日 チキンタジン

今回のお料理のテーマは、地中海料理。
今年の開運フードが、トマトの赤やスパイス、良質なオイルというところから、オリーブオイルをふんだんに使う地中海料理でまとめてみました。
とはいえ、普通の地中海料理ではつまらないので、もちろん私流アレンジを。しいていえば、和風地中海料理かな。
和食材やお野菜をくみあわせて、ヘルシーに、そして毎日食べても飽きない味に仕上げました。

ということで、実際のチキンタジンには、もちろん大根は入りません(笑)、が、三竹さんにご協力いただいて、おいしい大根をぼこぼこっと入れています。
これが、チキンの旨味やスパイスのきいたお出汁が大根にしみて、本当においしいのです。

なので、やっぱり毎朝、大根仕事。そうすると、当然、皮が大量に。

朝からいろいろ仕事はあって、皮はもう放っておこうといつも思うのだけれど、やっぱり捨てられない。
だって、とってもおいしいのを知ってるから。

2018年2月1日 大根きんぴら

あまっ娘大根の皮は、やわらかくて甘い。
フライパンに油をひいて、すぼしあみをちょっと炒めて、大根の皮を投入。昆布茶とみりんと白出汁で炒めたら、極上のきんぴらのできあがり。みりんはちょっと多めがおススメ。

毎日、大根を大胆に輪切りにして、そして皮を剥いていて気付いたけれど、そうやって剥いた皮って、きんぴらにしやすい。
厚めに皮を剥いて、それをいくつか重ねて細く切れば、切る作業もそんなに大変じゃない。あ、かつら剥きした部分ももちろん、一緒に炒めますよ。

すぼしあみから出るお出汁が大根にしみこんで、食べるたびにジュワッとおいしい。
つまみぐいしていると止まらなくて、ちょっと困る(笑)
あまっ娘セットに大根が入っていた方には、絶対、皮も食べてほしいなあ。

おいしいお野菜って、皮までおいしい。いや、私は皮のほうが好きなくらい。私にとって、大根の皮のきんぴらは母の味。母もいつも大量に作っていたなあ。あの頃は、地味なお惣菜だと思っていたけれど、今となっては貴重な1品。
こういうじみじみとおいしいおかずって、ホッとしますよね。

さて、今日もレッスン。
今日は雪が降るという予報だけれど、ホントかな。
みなさんがお帰りになるまでは、お天気がもってくれるといいなあ。

それでは、今日も笑顔の1日を



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

いつもポチっと優しい応援に、心から感謝しています♡

インスタグラムも再開しました♪
2018年1月6日 インスタグラムロゴ
インスタをご利用の方は、こちらもぜひよろしくお願いします