やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
鎌倉の隠れ家
2013年10月21日 (月)
いつもご訪問くださってありがとうございます

まだ夏の暑さが残っているなあと感じていたのはつい最近だった気がしますが、ここ数日はめっきり寒くなりましたね。
面倒くさがり屋の私はまだ衣替えをしていませんが、週末は毛糸物を引っ張り出してしまいました。

そんな寒空の夕方、旦那さんの上司のお宅にお招きいただき、鎌倉まで行ってきました。
センスのいいお二人がこだわり抜いて建てられたお宅は、「和」を基調としながらもモダンな空間。
10月19日 S邸⑭
ほら・・・
10月19日 S邸⑮
ため息がでます・・・。


S夫妻はお互いに引っ越す前に同じ社宅でお世話になった、とってもステキなご夫婦。
初めて一緒に飲みに行ったときから意気投合して盛り上がり、上司の奥様だというのに腕を組んでスキップして帰った記憶があります。
私の旦那さんが顔を青くしてハラハラしていたのは言うまでもありません

この気さくな奥様M子さん、ヨガの先生なのですが、お料理は玄人はだしの腕前。
マクロビをお勉強済みで以前教えていたこともあるほど。
だからこの日の来るのを1ヶ月以上前からずーっと楽しみにしておりました

まずはビールの乾杯のおつまみ。
10月19日 S邸⑤
オイルサーディンのピンチョスとオリーブ。
玄関の土間にある、ご主人S太さんお手製の
すのこで作ったテーブルでいただきました。

場所を食卓に変えてオードブル
10月19日 S邸③
三層に盛り付けられた一番下の段は絶品の湯葉。
色鮮やかなオレンジは人参とさつまいものピューレ。
コンソメジュレがキラキラしてキレイ。

2皿目もびっくり。
10月19日 S邸⑧
左奥の緑のお野菜は四角豆という鎌倉野菜なんですって。
時計回りに湯葉と生ハムの巻物・クミン風味のかぼちゃ・
じゃがいもやアボカドなどのセルクル固め・
ナスの自家製タップナード添え。

このカルパッチョ皿はすごいんです。
ご主人自らおろしたお魚。
どれも新鮮で一級品。
10月19日 S邸⑨
手前から・・・こちはコリコリ、カンパチは脂がのっていて
ひらめは肝ソースといただくととろけそう・・・
そして最後の白身は胡椒鯛っていうんですって。
たしかにちょっとスパイシーな気がします。
炙られた皮がもっちりしていて絶品・・・。


今日はお酒大好きメンバーのMちゃんとN君も一緒。
ステキなお宅でのおいしすぎるお料理と楽しい会話・・・ワインがすすまないわけがありません

N君のもってきてくれた鹿のハム・ピスタチオ入り。
10月19日 S邸⑪
さすがお酒好きはおいしいものをよくご存知。
この辺りからワインは赤に・・・。

ここで箸休め。
10月19日 S邸⑦
たんぽぽの葉のサラダ。この苦味がたまらない。

メインは・・・M子さん、このお料理の名前は何でしょう?
10月19日 S邸⑩
具はふっくらソテーされたチキンにモリーユ茸とマッシュルーム、
それになんと甘栗!
パンチェッタと栗のペーストが入ったソースなんて初めて食べました。
いろいろな味が複雑にミックスされているけれど、統一感のあるおいしさ。

お腹っいっぱいなのにいくらでも食べられそうで怖い・・・。

デザートワインといただくチーズもこんなに・・・。
10月19日 S邸⑫
ドライいちじくも甘くておいしい。

N君ご持参のチョコレートケーキ。
10月19日 S邸⑬
お酒飲みのみなさん、コーヒーや紅茶でなく
「ワインやグラッパと合うね~」といいながら召し上がっていました。


どのお皿も盛り付けが美しくて、とてもお勉強になりました。
味はもうプロ顔負けです。

まだまだずっと先の話ですがご主人が退職された暁には、この雰囲気ある空間で一日一組ないし数組限定のお料理屋をしようかと画策中なんですって。
食材はお二人でこだわり抜いた一級品で、野菜はもちろん鎌倉野菜ですね。
お店の名前の候補も聞いちゃったけど、まだ内緒です

未来の隠れた名店のお味を堪能して大満足

私たち家族って、いつも周りの方々に恵まれているんです。
そのおかげでとっても楽しく豊かな人生を送れている気がします。

そんなラッキーさに感謝しながら、私たちもみなさんにそう思ってもらえる家族でいたいな、と思った週末でした。

ブログランキングに参加しています。
ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます