やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
春のほろ苦コンビ♪
2018年03月11日 (日)
菜の花とほたるいかの酢味噌和え

2018年3月10日 ほたるいかと菜の花1

ああ♡

2018年3月10日 ほたるいかと菜の花2

菜の花もほたるいかも、ほろ苦食材。
このほろ苦さがとてつもなく好き。

小さなころは、なんでこんな苦いものをオトナはおいしいって思うのかなって不思議に思っていたけれど、オトナになった今なら、心からよくわかる。しっかりと歳をとった証拠ですね(笑)

春は菜の花をはじめとして、たけのこ、ふきのとう、たらの芽、うるいにぜんまいなど、苦みのある山菜がたくさん。
ほろ苦Loverとしては、もう、考えるだけでワクワク♪

これらの苦味成分は「植物性アルカロイド」に由来するもので、植物が昆虫などの外敵から身を守るための自己防衛手段なのだとか。この植物性アルカロイドが、余分な老廃物を体の外に出し、腎臓のろ過機能を向上させて胃腸を刺激・活性化する働きをしてくれるのですって。

春寒さから身を守るため冬は、「臓」、、、つまり、 いろいろなものを蓄えておくべき季節と考えられています。
そして、これからやってくる春は、草木が芽吹き、 動物も冬眠から目覚め外に這い出すように、 私たちの体もエネルギーが活発になり、気持ちも浮きたつ季節となります。
だから、4月はデトックスに最適な季節といわれているんですね。

4月は春野菜をふんだんに使ってクッキング♡
冬の間に溜め込んだ毒素を手放すために、春野菜を上手においしく食事に取り入れて、気になる美肌やビューティはもちろん、ご家族の健康を応援しましょう。

先日、某雑誌社の美肌座談会のお仕事があり、専門家の方たちのお話から、日々の野菜の摂取の積み重ねの大切さを改めて。せっかくならば、楽しくおいしく♪

2016年4月7日 パエリア3
※以前の春メニューより


昨日よりお申込みをスタートさせていただきました4月レッスンご予約は、本日一旦締め切らせていただき、調整後、こちらのブログで公開募集させていただきますね。

温かくなって、ココロもカラダもフワッと緩む春
4月もみなさんとおいしく楽しいお時間をご一緒できますように

今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

いつもポチっと優しい応援に、心から感謝しています♡

インスタをご利用の方は、こちらもぜひよろしくお願いします

2018年1月6日 インスタグラムロゴ