やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
しあわせ前向きオーラをありがとう
2014年02月13日 (木)
今日もご訪問くださってありがとうございます

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村


昨日、主治医からあまり母の状態が良くないことを伝えられました。
そして今は処置するすべがないことも。

1週間前の経過がかなり良かったので、そのギャップに言葉がありませんでした。

夜7時から予定されていたイベントも、気も落ち込んでいるし、こんなときに行くべきでないだろうと、キャンセルしようと思った。
でも、ここ最近毎日通う病院。
病院って病気の人が行くところだし、そのお見舞いの人も、今の私たちのように患者さんの病状の変化に一喜一憂している人たちも多くいる。
比較的「負」のオーラを感じる場所だ。
そこに長い時間身を置くことで、その負のパワーを持って帰ってしまいそうになる。

ここはやっぱり参加して、いいオーラのある人たちと一緒の時間を過ごして、前向きパワーをもらいに行こうと決めた。
ご一緒してくださったのはジェネリーノの博恵さんと由美子さんと陽子ちゃん。
みなさんすばらしいハッピーオーラをお持ちで、一緒にいるだけで元気になれる。

そのイベントはホテルニューオータニ「SATSUKI」で開催された「エビベジ Kohmi会」。
エビベジとは野菜農家の海老原ファームさんのベジタブルのこと。
26年2月12日 エビベジ


できるだけ農薬を使わず、水やりを加減し、肥料にこだわり、それぞれの野菜にふさわしい方法でおいしい野菜を作られている。
エビベジを使ってホテルニューオータニの太田シェフが腕を振るうのが今日の会。
なんとエビベジ応援団長はシンガーソングライターの広瀬香美さん。(主催者様にお名前掲載承諾済)
お肌つやつやでとってもキュートな方。
ギリークラブ代表の渡辺さんがアレンジしてくださって、「香美さん&海老原ファームコラボ・とびっきり美味しい会」が催されました。

まず私たちを出迎えてくれたのがコレ。
26年2月12日 エビベジ

すごいでしょう?
氷の中にたくさんのエビベジが飾られています。氷効果でさらに色鮮やか。
テレビチャンピョンの方が作成されたそうですよ。

そして小松菜とケールとフルーツのグリーンスムージーで乾杯。
26年2月12日 エビベジ17

炭酸で割られていて、フルーツの甘みで全然青臭くない。おいし~い。

お料理は着席ビュッフェ方式でいただきます。
ずらりと並んだおいしそうなお料理はどれも太田シェフの技が光るものばかり。
どれからいただこうか真剣に悩みます。

柔らかビーフシチュー西京味噌風味&オマール海老のペンネグラタン
26年2月12日 エビベジ14

エビベジのラタテュイユ&スライスポテトグラタン
26年2月12日 エビベジ15

エビベジと海の幸の紙包み香味焼き&白甘鯛のウロコ焼き
26年2月12日 エビベジ13

旬のエビベジ 極みサラダ
26年2月12日 エビベジ16

・・・今ほど自分の食いしん坊を恨めしく思ったことはありません。
もっと美しく盛り付ければよかった・・・けど、いっぱい食べたかったの。

何もつけなくても充分甘くておいしいお野菜。
でも、シェフ特製のドレッシングでいただくと・・・もう食べる手が止まりません。
26年2月12日 エビベジ12

写真には載りきらないほどの数々のドレッシングのご紹介。
すりおろし野菜ドレッシング・酒粕入りバーニャ・カウダソース・もろみ味噌と黒オリーブのタップナードソース・大葉のジェノベーゼソース
どれもお野菜の味を邪魔せず、旨みを引き立たせるものばかり。
配合を習いたいなあ。

ものすごく柔らかくてジューシーなローストビーフ
26年2月12日 エビベジ11

エビベジのテリーヌ
26年2月12日 エビベジ18

この美しさ・・・食べるのがもったいないくらい。(思いっきり食べたけど)
お野菜の歯ごたえはしっかり残っていて、でも周りの白菜はサクっとやわらかく切りやすい。
最後まで崩さず食べられる。
あんまり感動したので、帰りがけにシェフに伺ったら、ゼラチンの量やコツまで教えてくれちゃった。
なんていい方。やっぱりプロは余裕があってステキ。

エビベジと鴨肉のポトフ仕立て
26年2月12日 エビベジ21

お肉は口の中でほどけるほど柔らかく、野菜それぞれの味がくっきりわかるポトフ。

どれもこれもおいしくて大満足

デザートも充実していましたよ。
メインはこのいちご。
26年2月12日 エビベジ19

宝石のようにきれいでしょう?
これは栃木県のいちご農家・野口圭吾さん(株式会社ハート&ベリー代表取締役)ご提供。
安全でしかも美味しい高品質な苺の生産をめざして日々努力されていらっしゃる。
甘いのはもちろんのこと酸味とのバランスが良く、果肉もしっかりしています。

こんな風にチョコレートのお洋服を着ちゃっても、チョコに負けない濃いお味。
26年2月12日 エビベジ20

絶品のケーキもたくさん。
26年2月12日 エビベジ22

26年2月12日 ケーキ1

26年2月12日 ケーキ2
他にもまだまだあったけど、とても載せきれません。

最後に出されたのはエビベジのハーブティ
26年2月12日 ハーブティー
ものすごく澄んでいて、一口飲むとホッとする優しいお味。
体の中がキレイになりそう。


おいしいお野菜をたくさんいただいて、たくさん楽しくおしゃべりして、しっかりパワーチャージできました。
やっぱり来てよかった。
いっぱいいい「気」をいただけた気がします。
この前向きな「気」を母のところに持っていこう。

みなさん、ステキな時間を本当にありがとうございました。



26年2月12日 面会時

今日は病院に着いたら主治医に話があると言われ、面談室に通された。
何だか嫌な予感・・・。
父はまだ来ていなかったので、私が代表して聞くことにした。

先日、脳血管攣縮の処置を受け、細くなっていた血管を広げ血流を良くしたのに、母は目覚めていない状態だ。

面談室に入ると開口一番、「あまりよくない状態です」
あー、そっか・・・。

CTで脳の血管を見ながら3本の血管の攣縮処置をしましたが、その後も攣縮は進んでいるらしい。
血液が運ばれにくくなったせいで梗塞になっているところが白く画像に写っている。
いやな感じだ。

原因は母の持っている攣縮を起こしやすい遺伝子と、出血量の多さらしい。
動脈瘤の破裂時に脳全体にばらまかれた大量の血。
その血が付着した正常な血管が、自分が出血したと勘違いしてけいれんし収縮する・・・それが「脳血管攣縮」。
なんでそんな勘違いするんだ、血管のバカ!

もう一度攣縮処置をできないのか聞いてみると、一回したことによる抗体ができてしまうのでそれはしないという判断。
このまま様子をみるしかないとのこと。
どんどん進む攣縮がわかっているのに、指をくわえて見ているしかないのか・・・。
脳を画像で確認するMRIも、検査に入ると20分以上患者を放置することになるので、しばらくはせず1週間後、落ち着いた頃にする意向。

後はここで攣縮が収まって梗塞が広がらないのを祈るしかないらしい。
母の運次第だ。

肺炎も少し起こしているそうなので、それも心配。

意識がないと喉が落ち込んで呼吸困難になるので、一度は外された呼吸器がまた付けられている。
以前よりもかなりごっつい。

数日前に自分の名前が言えて話すことが少し出来た母を見ているだけに、かなりこたえる。

でも今一番辛いのは母だ。
がんばっているのも母。
泣いてなんかいられない。

母の生命力と運を信じる。
信じる力はきっと母に通じる。

でも、たとえこのまま攣縮が進み、脳全体が梗塞してしまって寝たきりになったって、大好きな母であることは変わらない。
その時は精一杯のことをしてあげる。

でもまだ諦めてないよ。
お母さんが諦めてないのに、私たちが諦めたらがんばれないものね。
お母さんは負けず嫌いでしょ。私はしっかり受け継いでる。絶対に負けない。

大丈夫、ちゃんと信じて待ってるよ。
安心して帰っておいで。

ブログランキングに参加しています。
ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます