やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ひな祭りオードブル
2014年03月04日 (火)
今日もご訪問くださってありがとうございます

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村


3月3日ひな祭り。
わが家のおひなさまオードブル。
26年3月2日 ひな祭りオード
湯むきトマトのマリネでぼんぼりをイメージ。
後は旦那さんのすきな茶碗蒸しと娘の好物のかぼちゃのサラダ


次回のミキハウスさんの記事に掲載予定の「梅香る豚しゃぶしゃぶ肉寿司」
26年3月2日 豚梅寿司
いつもとちょっと違ったちらし寿司・・・あ、混ぜ寿司ですね。
セロリの風味とシャキシャキ感がやみつきになります。

はまぐりが売り切れだったので、金目鯛の潮汁
26年3月2日 おすいもの

魚臭さを感じさせないように仕上げた澄んだスープはいくらでも飲めちゃう。

レタスの蒸し煮
26年3月2日 レタス蒸し煮
バターの風味をちょっときかせて。


相変わらず野菜ばっかりのメニューになりましたが、混ぜ寿司に入ってるお肉のせいで結構満足。
食べ盛りの男の子にいいかもしれません。(うちには男の子はいませんが、食べ盛りの人ばかりなので・・・)



26年3月2日

今日は先生とお話ができると思って病院に行ったら、急患のオペでお会いできず・・・残念。

でも母の呼吸、血糖値ともに落ち着いていて、昨日よりも大分楽そう。
音楽を聴かせたり、話しかけたりすると目を開ける。
とりあえず、薬が効いてよかった。

目は開けるだけで意思表示やこちらの問いかけに反応はない。
手足も動かせないまま。

水頭症の手術をどうするのか、やはり先生に聞きたかった。
水頭症が原因で神経を圧迫しているために、手足の動きが悪いのではないかとのことだったので、その手術にちょっと期待している。
あ、ちょっとだけね。
また大いなる期待をしてしまうとガックリきちゃうから。

母が倒れてから1ヶ月が経つ。
日々の容態の変化に一喜一憂し、元気だった頃の母と目の前の寝たきりの母のギャップに心打ちのめされ・・・
でも最近は目を閉じてベッドに横たわる母の姿にあまり違和感を感じなくなってきている。

それっていいのか悪いのかわからないけれど、今の母の状況を全て受け入れてみんなでゆっくり新しい家族のかたちを作っていくしかないような気がする。

私の相棒が言った。
「お母さんが倒れたのは大変なことだったけれど、家族みんなが団結して協力して助け合える状況にいられるってすごいことだよ」

そうだね、本当にそうだ。
そもそも私がアメリカにいるときにこんな状況になっていたら、何かしてあげたくってもできなかった。

今、こうやって精一杯のことを母にしてあげられる、しかも自分のことを心配して応援してくれるお友達兼生徒さんがクッキングを続けさせてくれている状況に心から感謝。

私、かなり幸せだ。

ブログランキングに参加しています。
ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます