やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
みなさんへありがとう~母が帰ってきました~
2015年04月10日 (金)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家しーちゃんです

いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村




3月31日に母が施設を卒業して自宅に戻りました

去年の2月2日にくも膜下出血を起こしてから1年と2ヶ月

いろいろなことがありました


救急病院では猫の目のように変化する母の容態に

家族みんなで一喜一憂し

たくさん悩んでいっぱい泣きました


リハビリ病院では医師の見解に毎回打ちのめされながら

「大丈夫、できるよ、がんばれ」と母を励ます言葉が

自分たちが前向きに母の回復を信じるためのキーワードでした


施設では激減するリハビリ時間を補うために

父がノルマを課しての「自主リハビリ」が功を奏して

飛躍的な母の回復を目の当たりにしました


どの段階にもその都度いろいろな決断を迫られ

実際に見学にいったり、ネットで調べ上げたりして

父を中心にみんなで決めてきました


実家で変化したことは

母が移動しやすいように取り付けられたこの手すりと

27年4月9日 実家7

27年4月9日 実家8

父が自分で取り付けた取手くらい

26年12月14日 取手2

最初、私はスロープの取り付けなどの

大々的な介護用リフォームが必要なんじゃないかと思ってた

でも父は母が歩けるようになるまでの回復を

最後まで信じて疑わず母をサポートした

そして本当にその通りになった


施設の方にお世話になったお礼を言ったら返ってきた言葉

「すべてはお父様の努力の結果です

僕たちの力ではありません

本当にすごいことです」


母が施設にいる間に父が描いた絵

27年4月9日 実家11

「やっぱりこの絵が好きだわ」

母が気に入っているこの画が白亜会という絵画団体の展覧会で

27年4月9日 実家10

賞を取りました


父にとって母が倒れてから現在に至るまで

激動の1年だったと思う

今の父はほとんどやってこなかった家事もこなし

母と一緒に住む祖母のご飯も作る

以前の父を思うと目が飛び出るくらいのビックリの変わりよう


自分の父が最悪の状況をここまでいい方向に持っていける

前向きパワーを持っている人だったことを誇りに思える自分の今に

本当に感謝します


これからはデイケアやショートステイを利用しながら

また試行錯誤で人生を歩んでいく父と母

私も微力ながらサポートしていきたいと思います


母が倒れてから今の状態になるまで

たくさんの方にお世話になり助けていただきました

優しいコメントで前向きパワーもたくさんいただきました

本当にみなさんに感謝しています

本当に本当にありがとうございました


父と母が実家の玄関で並んで見送ってくれる日がもう一度やってきたこと

27年4月9日 実家9

何だか目頭が熱くなりました


帰りの車でバックミラーで自分の顔をみてビックリ

マスカラが落ちて目が真っ黒

こわ~・・・

お父さん、言ってよ~




ブログランキングに参加しています

ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます