やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
母の右手と褒め上手
2015年04月21日 (火)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家しーちゃんです

いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村




施設を卒業して実家に戻った母

施設にいる間は本を読むことや字や絵を書く事に消極的だった母

どうやら字を読むことはできても理解することが難しかったり

利き手だった右手が麻痺していて思うように動かないことが

彼女をそうさせているよう


「リハビリのためだから」と父と一緒にどんなに薦めても

「まだ右手が動かなくてそういう時期じゃないから」

そう言って避けてきた


先日、娘と一緒に実家に行くと

27年4月19日 右手3

母が自ら書きたいといって

27年4月19日 右手4

娘へのメッセージを書いていて私たちを仰天させた

27年4月19日 右手7


「里○ちゃん いらっしゃい」

・・・しかも右手で

27年4月19日 右手5

かなり筆圧が弱いので紙に書くのは無理

リハビリ病院時代に父とおもちゃ屋さんに行って

母のために買ったお絵かきボードが

やっと日の目を見ると気がやってきた


もちろん書く事のできる文字は限られていて

私の名前はうまく書けない(笑)

でもいいの

思いっきりスゴイスゴイと褒めました

そしたらますますやる気になって母が言った

「いつか以前毎日のようにやっていた社交ダンスをやりたい」


少しやる気になって少しできたら褒められて

それが次のやる気につながる


その積み重ねが母の自信になる


子育てとおんなじだ


褒めてあげればまた褒めてほしくてがんばる

やっぱりそうなんだと再確認


私はあまり娘を褒めるのが上手じゃない

本当はもっともっと褒めてあげたいのに

きっと上手にできてない


母を励ますように

動かなかった右手をすこし動かしただけで

涙を出すほど褒め称えるように

もっと娘のことを上手に褒めてあげたいなあ


今日もクッキング用のお茶碗を割っただけで超怒りまくりました・・・
(まあ、怒られても文句の言えない前段階があったのですが)

ものは壊れるのが当たり前だよね

・・・なんて、菩薩様のようにはなれなかったなあ・・・

(・・・ということで、明日からのレッスンは1つだけ違うお茶碗で



もっと大きな心でおおらかにいろんなことを見られるように

私も心のリハビリしていこう

母と一緒に





ブログランキングに参加しています

ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます