やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
恐れていたこと~自宅での転倒~
2015年06月11日 (木)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家しーちゃんです

いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村



起こって欲しくない恐れていたことがおきた


レッスンが始まる直前の父からの電話

何だか嫌な予感

母がくも膜下出血で倒れて

緊急搬送先の病院からした父の電話の口調と似てる


聞けばやっぱり

早朝にトイレに行こうとして転んで尾てい骨を強く打って

痛みがひどいようだったので救急車をよんだという

あ~、とうとう・・・


いつかそういうこともあるだろうとは思っていてけれど

つい一昨日、別れ際に

転倒して怪我をしたら命取りだから気を付けようねと話したばかり


命に別状はなさそうなので

レッスンを終えて電車に飛び乗る

27年6月10日 病院4

久しぶりの病院の匂い

27年6月10日 病院1

意識がなく眠るばかりの母のもとに通い続ける毎日

あの時を思い出すと切なくなる


病室を覗くと母がまた心配かけてごめんねと

ちょっとしょんぼりしたような笑顔

27年6月10日 病院3

ああそうか

とうとうやっちゃったという周りの落胆よりも

本人のショックの方が大きいはず


処置としてはレントゲンでは細かくわからないので

翌日MRIで確認してからの今後の方針を決定するそう

打撲程度ならいいけれど、圧迫骨折やヒビなんか入っていたら

入院が長引く

そうなるとせっかく歩けるようになった脚の筋力がまた落ちて

今までの父と母の努力は水の泡と化すかもしれない

きっと父のガックリ度も相当なものだろう


また同じようなことが起こらないように

退院した後のケアも考えなければならない

これもなかなか難題


迷惑ばかりかけて本当にごめんねと父に平謝りする母

父の献身ぶりに毎日ありがとうと本当に感謝しているから

余計に今回のことを申し訳ないと思っているよう


そして私の顔を見てまた子供のような笑顔で言う

「せっかく抱きしめられたばっかりだったのにね」

ああ、そうだね、そうだったよね


うん、大丈夫

あれこれ悩んでいても仕方ない

母は生きて笑ってるんだからそれでよしとしよう

先のことは検査の結果が出てからまたみんなで考えればいい


きっと自宅での生活が慣れて余裕がちょっと出てきた頃の

ほんのちょっとの気の緩み

階段から落ちるとか頭を打つとか大事になってしまう前の

神様からの警告かもしれない


痛いのはかわいそうだけれど

今回のことを今後の自宅生活に生かせるように

みんなで相談しよう


治ったらまたリハビリをがんばって

歩けるようになろうね

27年6月10日 病院2

優秀なケアメンもついてるし

うん、きっと大丈夫


病院から帰宅して一部始終を娘に話す

そしたら一言

「ママも以前よりそういうストレスに強くなったね」

ふふっ、大人だね(笑)


さ、今日もレッスン

みなさんの前向きパワーいただいちゃおう


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとうございます