やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
お気に入りのお菓子~泉屋の「リングターツ」~
2015年08月04日 (火)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家・しーちゃんです

いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村



なぜだかずっと昔から私のお気に入りのお菓子

泉屋定番の浮き輪型のクッキー「リングターツ」

27年8月2日 リングターツ2

この固めの食感と香ばしさがあとをひいて

あと1枚あと1枚って、気づけばひと袋くらい軽くイケちゃう

あまりに好きすぎて
今年の永吉からのお誕生日プレゼントはリングターツ3袋(笑)

27年8月2日 リングターツ1

この4色のアクセントが印象的でどれから食べようかな~といつも悩む

アクセントには意味があるのだそう



(以下、泉屋HPより抜粋)

「このクッキー、浮輪に似ているね」
あるとき、「リングターツ」を見た子供の何気ないひと言から
シンボルマークの浮輪は誕生しました

昭和11年に夫・伊助を亡くし
母と子供たちだけでこれからの人生を乗り切らねばならないという
苦難に直面することになった一家にとって
どんな荒波に遭っても沈むことのない「浮輪」は
まさに心強いシンボルだったことでしょう

また「浮輪」は「人の和(輪)」をも表し
母である自分と3人の息子を表す4色の飾りをのせることで
どのような困難にあっても“人の輪”で乗り切って行こうという
思いを表すものでもありました

しかし「浮輪」に込められた思いはそれだけではありせん
もともとクリスチャンだった園子は、クッキーを焼くことは
社会奉仕のひとつだと考えていました
「浮輪」が人命を救うようにクッキーを通して社会の役に立ちたい
・・・園子のそんな理念がこの「浮輪」のマークには込められているのです

園子が愛したこのリングターツは泉屋の象徴でもあり
また今も泉屋のいちばん人気であり続けています



ふ、ふか~い

このリングターツにそんなドラマチックな秘話があったとは・・・

何だかちょっと胸が熱くなっちゃう


素朴でかみしめるほどに甘い昔ながらの懐かしい味

ずーっと大事に守られてきた園子さんの味なんですね

もっとじっくり味わって食べよう


ブログランキングに参加しています

ちょっと前までキープしていた1位から転落して

最近はず~っと2位

ざ、ざんねんなり~


よろしければポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

いつも応援してくださってありがとうございます