やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
母との散歩~油断大敵~
2015年09月23日 (水)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家・しーちゃんです

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村


シルバーウィークも最終日を迎えました
みなさん楽しくお過ごしでしょうか


昨日永吉が出張ということで朝早く出発したので
娘と一緒に実家へ

この連休は母がお世話になっている施設もお休みで
デイケアもないので自宅でずっと過ごすという母

リハビリをしなくていいので喜んでいるというから
ちょっと一緒に散歩でもして
体を動かそうという目論見


そう、最近は父と一緒に外をお散歩できるようにまでなりました

1年前のリハビリ病院での医師の母のゴールの見解は
ベッドから介助をしてもらって何とか車椅子に乗り移れるようになること

母の努力はもちろん
父の献身的な介護が母をここにまで回復させた


動かない右手は不自由は残るものの

今は両手でご飯を食べられるようになり

27年9月22日 散歩4

階段も後ろ向きでひとりで降りる

27年9月22日 散歩2

杖をつかずに父とゆっくりと歩く母の姿

27年9月22日 散歩5

もう逝ってしまうと思ったあの日
ずっと寝たきりの人生を送るんだとショックをうけたあの時
母の笑顔はもうみることができないんだとあきらめかけたあの瞬間

思い返すと涙がでる

ことごとく予想を裏切ってくれた母

2人で歩くこの光景を目にすることができるようになるなんて
あの時の絶望の淵にあった私に教えてあげたい


母との今のやりとりは

無垢な少女と会話をしているみたいだけど

それも何だかここちよい


このまま優しくゆっくりと時が流れていくといいな


そんなふうに感無量で後ろから眺めていたら
最後の最後でちょっと油断した


声をかけてくれたご近所さんのことがどうしても思い出せなかったらしく

意識をそちらにとられてつまづいて転んでしまった


母のような状態の人が転ぶとちょっと厄介

まずは手がすぐに出ないので膝をすりむく

前方にあったフェンスにつっこみ額に大きなたんこぶを作ってしまった


幸い後ろから父が服をひっぱったので大事には至らなかったけれど

母はショックを隠せない

抱き起こすと母の心臓がバクバクしているのが手に取るようにわかる

父が隣で自分の油断に反省しているのを見て

私も一緒にいたのに何もできなかった自分にがっかり


油断大敵

ちょっとした油断が命取りになる

でも何もかもを恐れて閉じこもっていたら
母の回復はここで終わる


まだまだ何が起こるかわからないけれど
ゆっくりのんびり今のまま

できることなら
トラブルよりも何かができるようになった驚きと喜びを
ずっと一緒に分かち合いたい

そうなふうに思った1日でした


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

いつも温かい応援に感謝感激です

本当にみなさん、ありがとうございます