やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
ナニクソ根性のルーツ~自分の根っこを再確認~
2015年11月15日 (日)
「Shiho's Veggie Circle」@武蔵小杉
野菜料理研究家・しーちゃんです

いつもご訪問くださってありがとうございます

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村


昨日は高校時代所属していた体操部のOB会
「城操会」の50周年記念パーティ

27年11月14日 城操会1

27年11月14日 城操会2


みなさんによく驚かれますが

わたくしかなりの体育会系

そしてかなりの負けず嫌い(笑)

そういう私のルーツは戻りますところ花の高校時代

今考えると全然オシャレじゃなくって部活一色の
超超超~と拳を握りながら語ってしまうほどつらかった時代(笑)

そりゃあ、本当に大変だったんです

毎日夜遅くまでみっちりの練習
休日はもちろん朝から晩まで
お正月でさえ初練習とかいって

家族よりも部員とコーチと先生と過ごす時間の方が
間違いなく長かった

熱が出て学校休んでも部活を休むなんてありえなかったし

土砂崩れで電車が不通で学校が休校でも
他のルートを駆使して来いって感じだったし

前日よりも体重が増えていたら
学校の周りを10周してこーい!みたいな

本当に今考えるとよく疑問も持たずに従っていたなあと
感心さえしちゃう

当時、竹刀で頭や体をたたかれることなんてあたりまえだったけど
今、そんなことしたらテレビのニュースものだよね~


でもその3年間で培われた精神力の強さは
私の人生の助けになってきたんじゃないかなあって思う


母がくも膜下出血で倒れたときも
毎日入っていたクッキングレッスンもすでにいただいているお仕事も
キャンセルしなくちゃならないなあ

そう思ったけど

マイナスの意識のるつぼの救急病院だけに通う毎日になってしまったら
こちらもウツになってしまって
母にいい「気」を持っていけない気がしたし

何よりもその運命に負けてしまうのがイヤだった

実際、母の容態によってはいつキャンセルになるかわからない状態のまま
レッスンを決行させていただくというわがままをみなさんにきいていただいて

みなさんに前向きパワーをいただいて
母が今の自宅介護の状態にいられていることに
本当に本当に感謝しています

あの時にやめないで本当によかった

絶対に負けないナニクソ根性

この根性を植え付けてくれたのが
高校生活の3年間だった気がする

そして一緒に苦難を乗り越えることによって生まれる
仲間との団結心

そんな仲間たちと何十年ぶりかにあって
当時の辛い練習のことを語り合った数時間

なんだかムクムクと元気が湧いてきた


あのがんばった3年間に恥じない自分でいよう

また次にみんなに会うときに
胸を張って笑顔でいられる自分でいよう

自分の根っこを再確認できた
貴重な1日

先生、先輩、後輩、そして同期のみんな
本当にありがとうございました

よし、私、がんばっちゃうぞ~!


きっとみなさん
自分が必死だった頃のご記憶があると思います

ぜひ一度思い出してみてください

なにかがんばれるきっかけになるかもしれませんよ




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

ポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

いつも温かい応援をありがとうございます