やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
当分はまりそうです 「食用菊」
2013年08月18日 (日)
昨日、お買い物をしていてみつけた「食用菊」・・・1パック98円。
食用菊

何だか無性に食べたくなって、1パックだと足りないと思ったので2パックお買い上げ。

子供の頃、なんで花なんて食べるんだろう?美味しくないのに・・・
菊の花②

と思っていたけれど、いつしかあの独特のほんのりした苦味とシャキシャキした食感がたまらなく好きになりました。

旬にはまだ早いと思ったけど、今はハウスものが多いのかな?
紫色の「もってのほか(もって菊)」もそうだけど、他の食材にはない美しい色ですよね。
この黄色い品種は「阿房宮(あぼうきゅう)」というそうです。

食用菊はビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく含まれていますが、特に多いビタミンEには抗酸化作用が有り、アンチエイジングに有効とされています。

また、血行を良くして、肩こりや冷え性を改善してくれたりもするそうで、眼精疲労や視力回復効果、不眠症の改善、頭痛の解消、最近言われるのはコレステロール値を下げ血栓を予防する効果などもあるといわれているそうですよ。

さて、花びらをはずして・・・
菊の花①

茹でます。
この時、必ずお酢を入れてね。
食用菊の命とも言える美しい色をキープするためです。
入れないと茶色くなって残念な結果に・・・

沸騰しているお湯に菊の花びらを投入し、再沸騰するまで、箸などで上下を返すように混ぜながら加熱していきます。
茹ですぎるとシャキシャキ感がなくなるので、控えめにね。
菊の花③

こんなに少なくなっちゃった。
よかった、2パック買っておいて。

菊の花のおひたし

冷蔵庫にあったミツバをさっと湯がいて、一緒におひたしに。
ポン酢でいただくと、う~ん、やっぱりおいしい

あとはどうしようか・・・と考えて、豚しゃぶ用のお肉で巻いてみました。
豚肉の菊の花巻き

これはかなりヒット。
菊の苦味と胡麻だれがよく合います。
そして色目もキレイなので、おもてなしのオードブルなんかにいいかも。

菊の花④

これは当分はまりそう。
今日も買いに行っちゃおうかな。

ブログランキングに参加しています。
ここをポチッとクリックしてくださるとうれしいです~

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます