やさい料理研究家の國行志保です。ご訪問ありがとうございます。武蔵小杉のサロンから
“野菜がビックリするほど食べられる”レシピや、おいしいもの情報をお届けします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
外食続きで疲れた胃に、野菜デトックススープ🍅
2020年09月06日 (日)
昨日はね、イギリスが誇る人気の絶景スポットセブンシスターズへ行ってきました。

7つの崖がベールを被った修道女に見えることから、セブンシスターズ(7姉妹)なんだって。

fc2blog_20200906192431f23.jpg

ドーバー海峡の荒波が打ち寄せる石灰岩の白壁は、巨大で美しく、自然の偉大さを感じます。

実は、1年で30-40センチ程度浸食されているので、将来なくなってしまう可能性があると言われているのもなんとなく神秘的だよね。

fc2blog_20200906192350761.jpg

映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』のロケ地として、ハリー・ポッターファンの間でも有名なロケ地スポットでもあるそう。

トレッキングルートには、羊たちがたくさん。

fc2blog_202009061927563b8.jpg

人に慣れているのか、かなり近くまで寄ってきます。かわいい。

こんなにお天気がいい日は珍しいので、ラッキーよ、とカフェのおばさん。

fc2blog_20200906192506733.jpg

泳いでいる人もいましたが、かなり低い水温。まじですか?

fc2blog_20200906194949abd.jpg

いつも思うけれど、日本人と体感温度がかなり違うんだなあ。

トレッキングコースも4種類ほどあるらしいので、もっとゆっくりと滞在したいな。

旅行中の外食続き。
ウェイトにはそんなに影響していなかったけれど、胃がさすがに疲れましたね😅

イギリスのホテルの朝食は、やっぱりイングリッシュブレックファストが多かった。

fc2blog_20200906211804926.jpg

大量の野菜で数日分の野菜デトックススープを。

fc2blog_20200905194504a6c.jpg

セロリ、玉ねぎ、トマト、カリフラワー、キャベツ、マッシュルーム、、、野菜は何でも♪
食前にいただくと満腹感あるし、たくさんの野菜効果で浮腫みも解消します。

fc2blog_202009051945523fa.jpg

カレー粉やクミン、ごま油やクリーム系に味変して、飽きずにおいしくいただきます。

旅行後のわが家の恒例行事の1つです



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ
生きた酵素・マザー入りのアップルサイダービネガー🍎
2020年09月04日 (金)
ロンドンに帰ってきました~。

エジンバラの後、ヨーク、ケンブリッジを廻ってイギリス縦断し、10日ぶりの帰宅。
北の方はやっぱり寒かったです。
タイツにダウンコートでちょうどよいくらい。秋を越えて冬のようでした。

各地の名所とおいしいものをしっかり楽しみましたが、恋しいのはおうちごはん。
外食続きはやっぱり野菜不足になるし、和の味欠乏症。お出汁系をカラダが欲します。

冷蔵庫は空にしていったので、帰り際に山ほど野菜を買って帰り、茹でる、切る、炒める、巻くなどして、思う存分食べました。
おうちごはんのありがたさを痛感するのも、旅行の醍醐味の1つですよね。

さて、おうちご飯のほかに恋しくなったのは、フルーツ酢。
毎日のように飲んでいたので、飲みたくて飲みたくて。

野菜と同じく、フルーツも手あたり次第買って、漬けました。

fc2blog_202009032107122fd.jpg

グレープとマンゴーとバナナ&りんご。

お酢はもっぱらアップルサイダービネガーです。このAspellのオーガニックビネガーがお気に入り。

fc2blog_2020090321455155c.jpg

こちらは酢が種類が多い上にリーズナブル。

fc2blog_20200903214846e21.jpg

今回はちょっと奮発してオーガニックのはちみつ入りを。

fc2blog_20200903210552078.jpg

どのくらいの甘さかわからなくてちょっと心配だったのだけれど、とってもおいしかった!

アップルサイダービネガーは、りんご果汁のみを使用して発酵を重ね、ゆっくりと熟成されて作られるそう。
一般的なりんご酢との一番の違いは、瓶の底の濁り。
この濁りは、「マザー」と呼ばれる酵母由来の沈殿物で、発酵の過程で発生する生きた酵素。

Aspellのビネガーは、加熱殺菌処理をしていないロービネガーなので、生きたままの酵素がたっぷりと含まれているんだって。
そしてこの「マザー」にこそ、ダイエットや美容をサポートする貴重なミネラルやペクチン・酢酸・リンゴ酸・アミノ酸などもたっぷりと含まれているのだそう。

一般的なりんご酢やアップルサイダービネガーは、加熱殺菌をろ過してマザーが取り除かれているから、透き通った色をしているんだね。
しかも砂糖ではなく、加熱殺菌処理をしていないはちみつ由来の甘味。
あ、でも、はちみつ入りはオーガニックの表示がないなあ。せっかくならオーガニックにしてくれればいいのに。

fc2blog_202009032106115e0.jpg

他にもマザー入りのアップルサイダービネガーもあるけれど、これはちょっと私にはすっぱかったかも。

fc2blog_2020090321581028b.jpg

Aspellのビネガー、ロンドンではウェイトローズなどのスーパーで手に入ります。
日本のサイトでも調べたら発見!



はちみつ入りではないけれど、これも好きです♡

もしかしたら成城石井やデパートなどを探したらあるかもしれませんね。
こちらで買うよりもちょっとお高いけれど、ご興味ある方はぜひ。

お酢ドリンクもいろいろなお酢で試してみると楽しい♪

ただ飲み過ぎは厳禁。

ダイエットや免疫ケア、美容・エイジングケアにと、万能スーパーフードのお酢だけれど、酢酸の刺激が喉や食道には強すぎるので、必ず薄めて飲んだ方が良いです。
歯のエナメル質にダメージを与えることもあるので、可能ならば飲んだ後に口を漱いだ方がいいかもね。

注意点を守りながら、手軽においしいお酢習慣を楽しみたいですね



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ
スコッチ好きの聖地~スコッチウィスキー・エクスペリエンス~
2020年09月02日 (水)
スコットランドといえば、「スコッチウイスキー」。
スコットランドに行ったら、本場のウイスキーを飲んでみたいという方も多いのではないでしょうか?

エディンバラ城を少し下った所に、スコッチ・ウィスキーエクスペリエンスはあります。

fc2blog_20200902080912f8c.jpg

この施設は、スコッチウイスキーの歴史と発展を紹介する観光アトラクションを目指し、1987年にスコッチウイスキー会社19社が協力して施設をオープンさせたのだとか。
現在では、エディンバラ観光には欠かせない観光地の1つになっています。

チケットはシルバー、ゴールド、プラチナ、そして「テイスト・オブ・スコットランド」の4種類。私たちはゴールドを。

ウィスキー樽のアトラクションに乗って蒸溜所のレプリカを通り抜け、「黄金の液体」と呼ばれるスコッチ・ウイスキーの製造工程をお勉強。

fc2blog_2020090208095235c.jpg

スクリーンにボヤッと現れる老紳士が、スコッチ・ウィスキーの酵母や発酵、そして熟成していく過程をガイドしてくれます。

fc2blog_2020090222414683f.jpg

最後に案内されたのはウイスキーで囲まれたお部屋。

fc2blog_202009022242222be.jpg

所狭しとウイスキーの瓶が壁を覆いつくします。

fc2blog_20200902081206cee.jpg

圧巻。

fc2blog_20200902081256b1e.jpg

「スコッチウイスキーの世界の七不思議の一つ」にも指定されていて、約3500本ものウイスキーがコレクションされているんだとか。

そして、いよいよウィスキーを試飲タイム。

fc2blog_20200902081413473.jpg

ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラの4種類をテイスティング。

fc2blog_20200902081609805.jpg

同じウィスキーでもこんなに風味と香りが違うんだなあと感心して、目隠し当てっこにトライしたら酔っ払いました(笑)

ツアーに参加しなくても300種以上のスコッチが販売されているショップは誰でも利用できるし、地下にあるバーではスコッチウイスキーがいつでも楽しめるそう。併設されたレストランはスコットランド料理やケーキが味わえます。

日本でも連続テレビ小説「マッサン」をきっかけに、ウイスキーに関心を持つ人も増えているとか。
スコッチウィスキー好きな方でもお酒に弱い方でも、スコットランドのお酒文化に触れるには、とってもステキな場所だと思いました



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ



スコッチ・ウィスキー・エクスペリエンス
354 Castlehill, The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE
+44 (0)131 220 0441
・営業時間:【9月~5月】10:00~18:00、【6月~8月】10:00~19:00
・定休日:12月25日
ハリーポッターの街エジンバラ〜世界遺産vs食いしん坊🦪
2020年08月31日 (月)
アイラ島からエジンバラ に向かう前に、朝5時起きで立ち寄ったネス湖。

fc2blog_20200829235400ec2.jpg

小学校の頃、世界中を騒がせていたネッシー伝説。新聞や雑誌で見るたびにワクワクしていたけれど、そのネス湖が目の前に。

ネッシーと遭遇する予定でしたが、残念ながらお目にかかれず。
でも、感慨深かったなあ。

湖畔に建つ城跡アーカート城。

fc2blog_20200831232113e60.jpg

ゴルフの聖地セントアンドリュースで念願のプレイを果たした旦那さん。

fc2blog_20200829235956477.jpg

fc2blog_20200829235751940.jpg

その後、ハリポタファンなら一度は行きたい、ハリーポッター誕生の地「エジンバラ」へ。

ハリーポッターの魔法学校のモデルとされているFettes College。

fc2blog_20200830000055d6f.jpg

ここ「エレファントハウス(Elephant House)」は、ハリーポッターの作者であるJ.K.ローリングさんが好んで通っていたカフェ。

fc2blog_2020083000013533c.jpg

なんとハリーポッターの第1作が書き上げられたのは、このカフェなんだとか。

fc2blog_202008300002066d7.jpg

ウィスキーの入ったスコティッシュコーヒーがおいしかった。

fc2blog_20200830000238fff.jpg

エジンバラ の街が見渡せるCalton Hill。

fc2blog_20200831232950515.jpg

見下ろすとエリザベス女王がスコットランドを訪問する際に滞在するホリールード宮殿が。

fc2blog_20200831233024e6b.jpg

毎年夏の初めに滞在するのが習わしなんだそう。

そして、世界遺産にも登録されているエディンバラ城(Edinburgh Castle)。

fc2blog_20200830000343e68.jpg

市内中心部から街を見下ろす姿は、圧倒的な迫力。

fc2blog_20200831231737013.jpg

fc2blog_20200831231959057.jpg

その展示すべてからスコットランド人の誇りと愛郷心を感じました。

最後にお邪魔したウィスキーエクスペリエンスのお話は、長くなりましたのでまた次回。

ちなみにエジンバラもシーフードがおいしい🦞

fc2blog_20200829223514ba6.jpg

ムール貝、ロブスター、生牡蠣

ホタテ

fc2blog_20200829235443e01.jpg

サーモン

fc2blog_20200829235518664.jpg

世界遺産ももちろんいいけれど、その地のおいしいものをいただくのが、食いしん坊の何よりの楽しみ(笑)

fc2blog_202008292356025bd.jpg

食べすぎです



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ



ウィスキーの聖地アイラ島へ
2020年08月28日 (金)
湖水地方を後にして、フェリーターミナルへ。
車ごとフェリーで乗り込んで、ウイスキーの島、アイラ島へ向かいます。

fc2blog_20200828003803a14.jpg

甲板から。

fc2blog_20200828003707892.jpg

さ、寒い〜💦

fc2blog_2020082800401091e.jpg

けど気持ちがいい。
やっぱり海はいいなあ。

数あるウイスキーのなかでも“ウイスキーの聖地”と呼ばれるアイラ島で造られる「アイラウイスキー」。
スコッチウイスキーのひとつで、ほとんどの蒸留所が海に面していることから、磯の香りが感じられるのだそう。

アイラウイスキーは、ピートと呼ばれる泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥するため、スモーキーな香りが強いのが特徴。

蒸溜所Bowmore

fc2blog_20200828004416948.jpg

Laphroig

fc2blog_2020082807234878e.jpg

Lagavulin

fc2blog_20200828004631ef1.jpg

Ardbeg

fc2blog_20200828004505c3a.jpg

Port Ellen

fc2blog_202008280043044d3.jpg

コロナの影響でツアーは実施していなかったけれど、街中にピートの香りが漂っているような気がしました。
ウイスキー好きな方には、きっとたまらない聖地ですね。

朝食はスコティッシュブレックファスト

fc2blog_202008280041422a2.jpg

ランチにいただいたロブスターが新鮮で、最高においしかった🦞

fc2blog_202008280042236d0.jpg

何でも生牡蠣にシングルモルトウィスキーを垂らして食べるのが、アイラ島ならではの食べ方だそうで是非にトライしたかったのだけど、お邪魔したお店にはなくて。
家に帰ったらやってみよう。

さてお次はネス湖へ。

fc2blog_20200828004842064.jpg

旅のしおりによると、ネッシーに遭遇する予定だそうです(笑)



今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♡

※お教室へのご質問・お問い合わせレシピ開発やイベントなどのお仕事のご依頼は
お問い合わせフォームか、veggie.circle831gmail.comまでお願いいたします。
を@に変換してください)
インスタをご利用の方は、こちらもどうぞよろしくお願いします
2018年1月6日 インスタグラムロゴ